Diamond In The River Web Log

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

朝活強化週間

先日の中禅寺湖で凸って、体力的にも精神的にもかなりダメージを受けてしまったので、今回は本流モーニング。
とりあえず、年券くらいは消化したいのでチャンスを作って出動。
雨が少なくて水量も相変わらず低いですが、低いまま安定しているせいか、今回は虫っけを感じられます。

3年ぶりくらいかもしれないポイントに試しに入ってみることに。
流れ込みから流し始めますが、記憶だと手前に反転流が出来ていたはずなんだけど、素直な流れに変わっていました。
案の定、深さも無くなって魚の付場も変わっていそう。

下見をしないでのモーニングはかなりの不安ですが、ここで移動するにも広いから次に行くのが大変だし、探りをいれるように広範囲にスイングしながら2ステップダウンで釣り下っていきます。

スイングスピードも若干遅い感じなのでアプローチ角度で調整しつつ1回目のラン半ばでドンwww
ドロッパーに出たような手ごたえ。
ゴンゴンと首を振って抵抗した後、気持ちよく下流に向かってラインが伸びていきます。
リールのスキール音がたまんないね〜www

流れが緩そうにみえて、結構圧しが強いのか、随分引きが良いなw
上流に向かってグングン登って行くので、太いヤマメだろうなぁなんて想像しながらドサッとランディング。

グフフ。
予想通り、太くて良型のヤマメwww
やはりドロッパーのダンケルドに掛かってました。

まだまだ、始まったばかりなのでストックしてランの続きを。
すると、すぐに対岸側でジ、ジィーー!!とラインがもっていかれましたが、ラインのホールドが甘くしっかり乗りませんでした。
残念、さっきより大きそうではないが尺上はありそうだったかな。

更に緩い流れまで下って、スイングも真横に動いてるんじゃないの?って言うところで、モゾモゾ?!モゾモゾ!!!
ん???これが噂のデカい確率の高いモゾモゾ当り?

ドキドキしていましたが、残念ながら乗らず。
これってもしかして合わせた方が良いのかね?

気を取り直して、2回目のラン。

やはり緩くなった辺りでグゥンと来ました。
メイフライがハッチしているので、今度はリードのウィッカムズファンシーに来たかもw
なんとなく重さが無い割には引きは最初に釣ったのと同じくらい。
体力がある感じで、しつこいファイトを堪能。

ウシシwww
もぞもぞは気になりますが、ラッキーにも2本頂きました。

1匹づつ撮影しようとしたら小さい方にはトンヅラされてしまいました。

大きい方でもう一枚。
体高ありますなwww

撮影中、ルアーマンが上がってきて「釣っちゃたんですか〜!?フライマンが釣れちゃうとウチら釣れないんですよね〜」って。
そんなん、お互い様ですやん・・・て思いましたが、ハハハと流しておきましたw
場所を譲って今日は終了。

そして次の日。
一応、前日釣れてくれたので起きれなかったらそれはそれで良いかなと思っていましたが、どうやら子供と一緒に寝て、夜中に起きる習慣がついてきたのか、きっかりと前日と同じ時間に起きれました。

ここでダラダラしても仕方ないので、入る場所は決まってないけど、本流に向かってみました。

前日とは違い、ハッチも少なめ。
ライズも小さいのがちょびっと。

1回目のランは何もなし。
2回目のランの終わりかけで、もぞもぞ!!?
思い切って、ロッドをあおって合わせてみたらしっかりフッキングwww

ナイスファイターでしたw
これもリードのウィッカムズ。
良く見ると、ボディハックルは無くなってるし、リブに巻いておいたコパーワイヤーはお尻にたまって別のフライになってました。
釣れてからか、釣る前からか?
4,5年新しいウェットフライを巻いてないからなぁ。
今年のオフは巻かないとダメかな。
釣行記 | permalink | comments(2) | - | - | -

ブルーバック

なんだか活性低い感じの中禅寺湖。
今年は全然雨が降らないですね。
川の水量も低く、ちょっと心配。
降る時に鬼のように降るのは勘弁してほしいもんですな。

今回は気合いを入れて奥地を目指します。
暗いうちから出発し、4時15分頃大日岬に到着。
1番乗りだろと思ったら、すでに先客有り!

ムムム、さっきの船は渡船だったのか・・・。
つーか、渡船早くね?
3時に釣券販売開始で、どうやったって奥地には1時間じゃ行けないもんね。

時間をお金で買っているんだと言われれば仕方ないのかなとも思うけど、なんか悔しいな。

大汗かいてポールポジションまで到達。
サンライズを眺めつつ朝食タイム。

男体山の陰なので、太陽が姿を現したのは4時40分ころかな。

暫く何もなかったですが、時々沖の方で背中をヌルンとしながらライズが数発。
ブラウンかなぁ〜www
でも、ニジマスかもしれないな。

ユスリカ食べてんのかな?

フローティングラインでゆっくりシルバーマーチブラウンスパイダーを引いてみますが、なんか気力が持たない。

そのうち風が吹いてきたのでいつものように沈めてカウントダウン。
いろいろやってみたけど、釣れたのはタニシでした。

風も吹いたり止んだりで、引っ張りもパッとしないので、セミも落ちて来たし、シケーダを結んであちこちやっていると・・・。

なんか近くでチュボっとライズの音!
ライズリングもデカいwww

そっちに向けてシケーダを落とすと、オイラのフライに出てくれました!
メッチャ走って、沖でジャンプ1発!
あぁ、やっぱりアナタだったのね。

2回もフルライン持って行ってくれて楽しかったんだけどね。
唇はスプーンを何回かガブッとしちゃったんだろうな。
尾びれも残念な感じでした。

撮影終わると、今度は激しいライズの音が!
音がするほうへ行くと、岸際で何度かガバッとやってるじゃないすか!
しかも、明らかにブラウン。
すかさず、シケーダを投入しますが、全く無視。
フライをドライワカサギに代えて、ライズがあった方に置いておくと、フライの向こう側でベイトがパチャパチャと跳ねたと思ったらフライの近くでドバッ!

ビクッとして、そのままにしておくと3秒後・・・ガバッとオイラのフライに出ましたwww

が・・・思わず右手がピクッと動いてしまいまして、ココンとアタリを残してサヨナラ〜。

んも〜、ガックシ。

どデカいフライは合せず、ラインがツツーと走ってから合わせるのはわかっているのよ。
判っているにもかかわらず、反射的に動いてしまった右手・・・修行はまだまだ続く。
くっそ〜、めっちゃ悔しい。

そして、なにも無くなったので更にチョイチョイ移動しながらチャンスを探します。
やや風もあるのですが、シンキングラインを入れても良い感じの流れは掴めず、アチコチと迷走。

そーいえば、先週来たときライズリングを見た場所があったなぁと思いだし、その場所に行って引っ張る事数投目。
ラインがグッと止まったと思ったらドバーンとジャンプ3回。
ジィーとリールが鳴いて、更にジャンプジャンプ!
派手に暴れまわってリールファイトを楽しませてくれたのはやはりニジ君。

顔は見せられないけど、ブルーバックのレインボーでした。

この後もアチコチやってみましたが、もうスッカスカですぐ移動。
ヤマメなら嬉しいサイズのブラウンが帰り間際に釣れましたが撮影無しですぐリリース。

娘のお迎えの時間が迫っているので4時で終了〜。
ドラワカで外したブラウンが心残りですが、次回に期待するしかないっすね。

釣行記 | permalink | comments(0) | - | - | -

ブラウンを探しに

5月27日、ブラウンに会いたくて早朝から出撃。

2食分とタックルに一眼レフだと結構バックパックが重いのよね。
腰ベルトをギュッと〆て、一眼レフの入ったヒップバックでバックパックを支えるように背負いますが、なで肩のオイラは胸の前でパチンとしなければ辛いのです。

4時ちょい前に出発し、まずはどこかでサンライズを撮らねば。

いつ見てもサンライズは気持ちが良いもんですな。
これだけでも来た甲斐があるってもんです。

5時過ぎくらいに目的の辺りに到着し、先行していたルアーマンとちょっと話をしますが、先週よりボイルが少ないそうです。
低活性の噂も本当のようですな。

風も無いので、ライズ探しにチョイと移動。
ラッキーにもすぐにライズ発見しますが、ドライタックルでストーキングするとライズは沖の方へ。
ちょっと焦りすぎました。残念。

その後、アチコチにモンカゲやらセミのパターンを浮かべてみますが、なんの脈もないような気がして集中力がもちません。

ちょっと風が出てきたところで、いつものように引っ張ってみると、すぐに魚信有り!
ブラウンな感じですが、重さが足りません。

会えるに会えましたが、若過ぎますねぇ。

まだ家族が居るかもしれないので、少し粘りましたがダメなので移動。
朝のポイントに戻ると誰も居なくなっていたので、そこでも粘るもダメみたいなので更に移動。
そして、自分が居た方を見てみると、金色の魚がジャンプ!しかも、結構良い型でした。
う〜ん、タイミングなのかな。

こっちに周ってこないかなと念を込めてリトリーヴを繰り返します。
すると思ったよりも早く来ちゃいましたwww

しかし、さっき見たヤツじゃないですな。
これよりずっとデカかったはず。

最初の1匹よりサイズアップしたのでヨシとしくちゃ。

更にランガンしていくと、またもやヤングなブラウン。

1匹で良いからあのズシンと来る重量感が味わいたいw

今日は早上がりをしなければならないので、タイムリミットまでわずか。

波ザブなのでカウントダウンを減らす為、ティップをインタミからタイプ靴砲靴胴垢縫薀鵐ン。

最後の1投と思ってからの5投目くらい。
なんとか釣れましたが、重さが・・・重さが足りない。

好みの柄のブラウンでしたが、探しているブラ吉ブラ夫じゃ無かったっす。

次回は大人のブラウンに会いたいぞ!
釣行記 | permalink | comments(0) | - | - | -

鬼怒川出陣式

ふとカレンダーをみると、もうすぐ中禅寺湖の特別解禁www

でも、その日のカキコスペースには「小学校運動会」の文字が・・・。
ムムム・・・・ダメじゃんか。
最優先は家族ですから。

と、いう事でスパッと特別解禁は諦めて、運動会の観覧場所確保しつつの鬼怒川モーニングに行って来ました。

久しぶりの本流モーニングだけど、特に準備は去年のまんまで出発。
時間の感覚もピンとこないので余裕ぶっこいでましたが、ポイントに着くとアレレ?
思ったよりも明るいぞ!

急いで支度しますが、ウェーディングスタッフはどこに入れたか忘れているし、ワレットから4,5年物のドロッパーシステムを引き出すと、ドロッパーにリードのティペットがキンクしちゃってるし。

どんどん焦ってきて、代わりのドロッパーシステムを引き出しますが、巻き癖ハンパ無いし。
慌てて河原に着いて、早速スイングし始めますが、う〜ん、何も無い。

1回目のランが終了し、2回目も半ばを過ぎたころ、後ろでジョボっとライズしたかも?

ハッチもなんだかぁな感じでしたが、ヒゲナガのシャックは結構あるな。

すぐさま、ランの頭に戻って流してきて、さっきのライズポイント付近を重点にスイング。
すると流芯で気持ち良くドンっと来ましたw

久しぶりのローリング。
ハラハラしちゃうなw

リールがジィーと鳴いて、下流にラインが伸びていき、リールを急いで巻き取ってるとそのまま今度は上流へグイグイ上って行きます。
ちらっと魚が見えましたが、サイズの割には結構引くなぁなんて関心しながら、今年の鬼怒川初物なので慎重にランディング。

とりあえず、ストックしてランの続きを流してみます。
が、あとは何も無し。

そのうち、上流のポイントからmotoさんが降りてきたので、オイラも終わりにすることに。
話を聞くと、2本も尺上釣ってきたとの事!
流石ですね〜!

オイラも撮影にしようとすると、メジャーも忘れて来たみたい。
motoさんにメジャー借りて計測すると、思ったよりも良型でしたwww

体高も有るイケメン、流石鬼怒川のヤマメw
鬼怒川の魅力を再確認しました。

嬉しい初物なのでもう1枚www

時間作って、また行っちゃおうかな。

・・・と思って、運動会で疲れた体にムチ打って、次の日のモーニングは違うとこ行ってみたら・・・。

入ったポイントは浅くなってて釣れる気しないので、歩いて上流に向かうと・・・

突然、目の前でジョボっ!!

なんと、80〜100Kgクラスのイノブタが水の中へ!
思わず「ウオッ!」なんて声をあげたら、後を追ってウリ坊が4匹も!
結構、水深ある所でしたが、泳ぎが上手なのねwww

と、関心して見てたらドンドンお目当てのポイントの方に!
仕方無いので、更にその1個上流の流れまで行ってきましたが、何も無し!

まぁ、そんなに鬼怒川も甘くは無いのは知ってますけどね。
次はどこ行ってみようかなwww
 
釣行記 | permalink | comments(0) | - | - | -

強風竜巻注意報

釣りの時の天気予報は「天気とくらす」のサイトをチェックして出かける事にしている。
この時もチェックしてみたのだが、雨の後で風は吹くとは思っていたけど、予報では風速13〜16mとか!?
う〜ん、悩むとこだが、釣り師の性か、波ザブで大物も油断して掛ってしまうのでは?と期待してGO!

到着すると、そうでもないじゃんwwwなんて思いましたが、やはり信用している天気予報サイトだけに当るね〜。
開始早々からキャストがややしづらい感じに風が強くなってきて、こりゃ昼前後はビュービューだなと。
これは朝飯なんぞ余裕ぶっこいて食べてる場合じゃ無いなと思い、とりあえずお凸回避に真剣になってみる。

すると、思ったよりも早くブラウンが。
結構引くなぁと思ったら、胸鰭の近くのスレ掛かりでした。
 
食い損ねて掛かっちゃったんだわね。

なんだかなぁなので、もう1匹釣れないだろうかと頑張ってみたら、今度はレイク。

レギュラーサイズのほのぼのさん。

もしかしてだけど・・・今日の風・・・良いんちゃうのwwwwww

期待しちゃうじゃんかと思った矢先に更にサイズUPした感の重量感。
まぁまぁしつこく粘ってくれたので合格!

やばい、これはホントにもしかしてもしかしてwww

・・・と、かな〜り期待したのもここまで。

白波が立ってきて、キャスティングもメロメロ。
ランニングラインは何度も何度も絡まっちゃうし。
集中力もダウン。

しかしこんな時こそ気合で乗り切るしかないっしょ。

ここぞとばかりに投げまくり。
失敗キャストはすぐ回収。
距離を犠牲にしてでもターンオーバーを心がける。
しかし、良い波はつかめず迷走。
風は基本強い西風なのですが、時々南寄りとか北寄りとかになっちゃって、手前スカスカ、時々良いキャストが決まれば遠くで引き重り。
こんな時、いつもキャスティング練習しとけば良かったなと後悔するのですが、した事が無いオイラ・・・今更どうにもならんね。

その内、沖で水柱の竜巻目撃。
こっちに小さくなりながらパパパッて走ってきて、オイラにバギ直撃。
顔もグラサン水浸し・・・。
バギクロスじゃなくて良かった。

ネオプレーンじゃなくてハイブリットにした事を後悔。
しかも、左足が微妙に浸水してきてるし・・・。
今日は指先もビリビリに痛寒い。

そんなんで肩と背中がガッチガチになるまで振り倒すも、何も無し!

流石に心が折れて、中禅寺研究所から庭造り研究所になりつつある友人に電話してお告げを聞いてみる。
若干、気持ちを取り戻してリスタート。

終盤に差し掛かり、ふと風の勢いが弱まりチャンス到来。
なんとかほのぼの系のレイクが釣れましたが、サイズUPしないので撮影もせずすぐリリース。
この流れを逃すまいと即座に再キャスト。
そして、根掛かり・・・ガックシ。

ティペットとフックを交換して再開するとまたしても根掛かり・・・マジか〜と思ったらフック戻ってきましたwww
チャチャっとフックをチェックしてキャストを繰り返すと・・・キタッ!

ブラウンの引きですが、サイズは小さいな。
手前まで引き寄せて、絡まったランニングラインに気を取られているとフックアウト。
小さかったし、ま、いいかと思って再開すると、今度は今日1番くらいのレイク!

魚の姿が見えて来ると、またもや手前でサヨナラ〜。
グヌヌヌ・・・なにをしてるんだオイラは・・・と何気にフックを見てみると・・・ゲイプが開いちゃってるじゃん!

チェックしたんだけどなぁ、集中力が落ちてるのと焦りからか。

フックのゲイプをフォーセップでグイっと戻して再開。
しかし、波が変わったらしく釣れる気もしなくなってきたのでちょこっと移動。

そこで来たのはまたしてもほのぼのさん。

全然ほのぼのしません。
写真も雑ですね〜。
撮らないつもりでしたが、一応・・・。

イカン。イカンぞ。
こういった焦りというか、落ち着きが無い感じの釣りは辛い釣りになるだけなのに。
で、もなんとかサイズUPしたい贅沢病発症中。

タイムアップ15分前にもう1匹ブラウンが来ましたが、全部同じようなサイズ。

最後まで諦めず、しかもリール巻き取りの時までカウントダウンして巻き取ったのになぁ。
結果からすれば、8匹中2匹バラシでまぁまぁと言った感じですが、満足感のある釣りじゃなかったかな。
次回に期待するかw

 
釣行記 | permalink | comments(0) | - | - | -