Diamond In The River Web Log

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

探し物

暫く前から探していた物が、意外なところで見つかった!
まぁ、マニアな栃木県民フライマンなら知っているかもしれない場所だが。
灯台下暗し....オイラんちの最寄の釣具屋の片隅にありました。

TMC947BL.....探したぜ♪

あっちこっち探して歩いて、○州屋からメーカーにまで問い合わせても無かった物がここに。

長年の月日を経てオイラを待っていたかのように....巻けよ....巻いてしまえよ....巻きたいんだろ?....黄ばんだパッケージがオイラの心に訴えかけてきます!

思わず、欲しい#10、8のストックを全部手にとって、買い占めてしまおうかとも思ったが....待てよ。本当にそんなに巻くのか?1箱500円位するけど大丈夫なのか?冷静に見つめ直し、2箱づつ、計100本買ってきました♪

早速、巻き巻きしてみました。

フフッ....ヘヘヘッ。

なんだかチョーうれすぃ♪
探し物が手に入る喜びは久々です。

やっとこの針でこいつを巻くことができました♪
備前さんとこで見た「ラットフェイス・マクドゥガル」。

気持ちイイっ!
グッときたっ(笑)

■ラットフェイス・マクドゥガル
フック:TMC947BL #8
テイル:ムースメーン
ボディ:ディアヘア
ウイング:スクレイルテイル
ハックル:コック・デ・レオン
毛鉤 | permalink | comments(9) | - | - | -

LHEA!

つーことで、LEHAの第二弾。

解禁も迫ってるので、Wetも数本巻きました。
春先だから、とりあえず小さめのフライをちょろちょろと。

で、先日のドライのボディに使ったリアを、今回も試しにグルグルしてみました。

左のが、マーチブラウンっぽく、他がシロハラコカゲロウをイメージしてみました。
ここでもリアボディが良い感じ♪Wetにも使えますなぁ。
でも、ヘッドの頭でっかちはタイヤーを象徴している出来栄え。残念!
フライでもデカ頭で悩むとは思わなかったなー(笑)

しかし、このリヤボディ。どちらかつーと、コパーワイヤーとかオーバルティンセルでリビングするよりも、リアのみのグルグルの方がそれらしくて気に入った。
あとは強度がどれくらいかですかね。意外ともろければやはりコパーワイヤーあたりでクロスにリビングかな。

使いながらアレンジしてみんべ♪


■マーチブラウン
フック:ダイイチ2421 #10
テール:マラードフェザー
ボディ:リヤ
リブ:コパーワイヤー
ウイング:ターキークイル
スロート:パートリッジ

■コカゲウェット
フック:TMC107SP #10
テール:マラードフェザー
ボディ:リヤ
スロート:ジャックドゥ
ウイング:ダッククイル
毛鉤 | permalink | comments(5) | - | - | -

LHEA!

最近、某S店で入荷したばかりのニューマテリアルを発見!

そのマテリアルとは、「LHEA」と言う物。
読み方はレアというかリアというか、聞くとこによるとカナディアンフライマン達の発音ではリアらしい。
スチールヘッドのフライパターンで使われる素材みたいで、あちらではメジャーだがまだ日本ではマイナーな存在らしいっす。
LHEAだけにレアですな!

オーストリッチの仲間のような鳥の羽なんだが、ストークが丈夫で細く水中での動きが良いらしいので、ダンケルドとかグレートセッジのアレンジに使ってみても面白いかもと思って購入してしまいました♪

でもね。いざタイイングとなると、それ系フライのスキルも浅く、発想も曖昧なままなので上手く巻けるはずがありません(涙)
誰かが巻いたのを見本にするまで、ウェットフライは暖める事にしました。

しかし、せっかくのニューマテリアルを目の前にして諦めるのは悔しすぎます!暫く、前から後ろから眺めて、摘んだり引っ張ったりして弄くってみました。

んで、思いついたのがドライフライのボディ。
アブドメンに3,4本のストークをねじりながら、グリグリと巻きつけてみました。


ナチュラルカラーはグレーっぽく見えるけど、良く見るとストークは白っぽく、フリューって言うのかな、ストークの周りのケバケバは?
それがブラウンと言うか濃いグレーな感じなわけ。

そんでもって、3,4本よりつけるとシマシマつーか、マダラつーか、良い感じに虫っぽくね?
さらに目を凝らして見ると・・・

薄っすらとオケケが生えてるようで質感も良いんじゃないっすか!
これが釣果の分かれ道とは思わないけど、使用率はUPしそうかな♪
他のパターンにも使ってみたいマテリアルになりました。

フック:TMC100
テール:コックデレオン・ハックルファイバー
ボディ:リア・ナチュラル
ハックル:コックネック・ミディアムダン
ウイング:スクレイルテール
毛鉤 | permalink | comments(4) | - | - | -

巻き納め

今年も残すところあとわずか。

大晦日はK1ダイナマイトで〆る予定なので(つーか、なんでプライド男祭りTVでやんないんだよっ。プンスカ!)、今のうちに巻き納めねばなるまい。

最近ダイナキングも手に入った事だし、タイイングにも気合が入るってもんです!

しかし、バイスなんてみんな大して変わらないと思ったら、なんですか、このホールド感!もっと早くに手に入れるべきだったかもしんまい♪

今回巻いたのは、備前さんのブログで気になっていた「ラットフェイス・マクドゥガル」。
もともとはハリー・ダービー巨匠考案らしいけど、備前さんのアレンジでたまらんくなってしまった。
TMC947BLの針に巻くとフライの感じがビタッとハマって、グッと来るなんて書いてあるもんだから、チョー探しましたよ!

結果、無かったんですけどね。。。。
そんなマニアックな針は備前さんしか持ってないんじゃないかと思うんだが、誰かストックしてたら譲って欲しいなり。

仕方ないので、持ってる針で代用です。
ディアヘアをボディにたっぷりとフレアさせてチョキチョキと床屋さんしてく訳ですが、マドラーなんかより全然手間掛かるね!
1本目の途中でちょっと後悔しましたが、出来上がりは何だか良い感じじゃね?セントジェームスを着たフライですな♪ダサカッコイイ感じオッシャレ〜ですわ!でも、もうちょっと、ボーダーが綺麗に出ると良いんだけどねー。それと、やはりTMC947に巻いてみたいもんですなぁ♪

モンカゲ食ってる時に使ってみんべ♪

フック:#8 TMC5263
テイル:ムースメーン
ボディ:ディアヘア
ウイング:スクレイルテイル
ハックル:コック・デ・レオン


追伸:みなさん、今年も大変お世話になりました。
   また来年も宜しくです♪良いお年を〜!

   そして、引き続き、携帯にメールを!
毛鉤 | permalink | comments(2) | - | - | -

マドラー・ミノー

ここ最近、タイイングが楽しい♪

備前さんのブログにそそられて、ディアヘア祭りにオイラも勝手に参加してみた!

でも、オイラにゃセミとかチュー太郎とかには今のところ縁が無いので、とりあえず本流用のマドラーでも巻き巻きすることに。


このマドラー....今シーズンは自分の中でタブーとしていたんだよね。確かに万人が認めるフライ界のホームラン王なんだけど、Wet?と言われればそうじゃない気がするし、Wetと言う形に拘ってしまえばマーチブラウンとかダンケルドとか、ちゃんとWetな奴で釣りたかった。

しかし、K本流でアツイのはヒゲナガの時期。
マドラーの実力を知っていると、内心使わないでいるのは結構辛かったし、Wetだけでは不安もあった。
しかも、知り合いがマドラーで結果を出していると、歯痒く嫉妬なんかもしたりして、拘っている自分がアホらしくも感じた。

人の釣果とか気にならなければ、我が道を行くで、拘ってもプラスに考えられるんだろうけど、オイラにゃぁ、まだムリっ!
誰が何でどんなのを釣ったかって、チョー気になるもんね。
いつまで経ってもお子ちゃまなのかも。

で、今回得た結論は、マイナスになる拘りはヤメ。

マドラーはマドラーでも、セッジじゃなくてミノーならいかんべ(笑)
備前さんも「スタンダードフライのホームラン王殿堂入り。」とも言ってるし♪
そんなフライを使わない手はないわな。
来シーズンは時々使ってみることにしよー♪

しかし、備前さんのフライはみんなカッコイイねぇー!!
憧れちゃうわ♪

で、オイラのはこんなの↓...頑張ろう。。。

めっちゃ、時間かかったっす。
近視が進んじゃうなー。モー♪

ちなみにスクレイルテイルは他のテイル同様、ヤバイ臭いがしますな!
嫁には絶対に嗅がれたくないね。

フック:#8 TMC5262・5263
テイル:ターキークイル
ボディ:フラットティンセル(ゴールド)
ウイング:ターキークイル、スクレイルテイル
ヘッド:ディアヘアー
毛鉤 | permalink | comments(10) | - | - | -

WHITING LOVE

今期オフシーズン。
みんなは何して遊んでるんかな?

管釣モード、ハンドメイド、別の釣り、キャスティングの練習、夜な夜なタイイングなどなど・・・

少なくともオイラなんぞのブログを見に来ている人は、釣りに携わっているのではないだろか。

オイラはつーと、丸沼以来、風邪ひいてダラダラしてました。
しかも、家族全員。
休日はどこも出掛けられないので、PRAIDグランプリ決勝戦とその前にやったPRAID武士道のビデオを連チャンで見ました。
9月にやったやつだからタイムリーじゃないけどね。
しかし、今回のミルコは強かった!あの勢いならヒョードルにも...ブツブツ。
釣りに携わってねーじゃん!って思ったアナタ...ノンノンノン。

こうも暇でダラダラと休日を送っていると、ふとタイイングツールをリビングに持ち込んでも、嫁の監視も甘く、ナチュラルに堂々とマテリアルを眺めながら、どんなフライを巻くかと妄想に入れる訳!

ましてや、嫁と子供が昼寝モードになれば、こっちは寄り目になっちゃうくらい集中して巻き巻きできちゃうのだ♪

今回はホワイティングのミディアムダンを使ってみたんだけど、ブロンズグレードなのにストークが結構長いので、#14位だと1本でパラシュート4本位巻けちゃう!
しかも、ストークは軟らかいしハックルファイバーも短いので、渓流で使うサイズを巻くには結構無駄なく使えるんじゃないのかなー。
他に持ってるハックルは、サドルとレオンの他は一昔前のメッツとかだったので、最近のホワイティング使ったらビックリですな。
聞けば年々良くなってるらしいっすね。
もうブロンズで十分満足♪
プラチニウムグレードなんて、一体どんなになっちゃうのさって感じ。

ハックルなんぞ、どれ使っても色さえあってりゃ別に良いかななんて思ってたけど、違うのねー。
色々買い変えたくなってきちゃったなぁ。

先輩方々のマニアックぶりを見ていて「コウェなぁ」とか思ってたけど、オイラも確実に後を追ってるのね(笑)
でも、またフライフィッシングが面白くなってきちゃったな♪

フライはまだまだヘッポコだけど、ボチボチ巻きながら来シーズンを待とうかな。
毛鉤 | permalink | comments(8) | - | - | -