Diamond In The River Web Log

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スペイキャスティング練習会〆

今年の年末年始の連休は9連。
でも、嫁さんは31まで仕事らしいし。
と言う事は、子守の3日間は決定なので、その前にフリフリに行かせてもらいました。

サーフェイス主催の定期練習会。
久しぶりに参加しましたが、みなさん上達してますね〜!
オイラといえば、当初となんも変わってないような(汗)

風が穏やかなのは、午前中の僅かな時間。
ちょっと他の竿を振らせてもらおうかなと思ったら、風が強くなってきたので断念。

でも熱心な方は日が落ちるまで振ってました!
上達する方はみんな練習熱心ですな。

今回もクランロッドの及川さんと窪田さん、そしてサーフェイスの悟朗さん。いろいろお世話になりました。

また宜しくお願い致します♪
釣りネタ | permalink | comments(4) | - | - | -

昼休みに・・・

毎日のようにゲリラ豪雨があるもんで、釣りにいけませーん!
でも、今日は清々しい秋らしい天気。

やっと、夏を抜けた感じがして、渓流シーズンもあと僅かだとしみじみ思う。

それと同時にオイラの大好きな「鼻曲がり」のチャンスもあるのではとソワソワ。

ここんとこ昼も現場で食べる事が多かったのですが、今日は事務所なので、昼食後、会社の前で少しだけフリフリの練習してみました。

とある#6ロッドでWF・TT・SH・DTとラインをいろいろ変えて投げてみましたが、やっぱオイラはロイヤルウルフのトライアングルテーパーが好みかな。状況によっては1本には絞れないけど。

近距離はDTのようにターンオーバー、メンディングが楽だし、遠投も釣りには十分なくらい飛ぶしね。DTとWFの良いとこどりだと、ホント思いますなぁ。

あぁ、あと色が白ってとこも好き。
やっぱコスメは重要だと思う。

たった30分くらいだったけど、ロッドに触るとやる気でますな!
本流ダメっぽいから支流行くかな〜。
釣りネタ | permalink | comments(5) | - | - | -

有給休暇にて・・・

なかなかシーズンインできずモンモンとした日々を送っておりましたが、つい先日有給休暇なんぞ取りまして、やっと出動して来ました!

前日に奥様の許可は下りていますが、許可を取るのに一苦労です(笑)

直接物申さずに、みのさん経由で「仕事まで休んで釣り?はぁ〜ん、ズルイねぇ〜!」とか「おとうは釣りなんかしちゃダメでしょ!」とか、嫁の操り人形と化したみのさんは、勢付いてしゃべるしゃべる!

そして、傍らでほくそ笑む嫁。食い下がるオレ。

これから先が思いやられます・・・。

して、テンションあげあげで向かったフィールドは思いのほか厳しい状態。

増水&雪代のような濁りも入ったりしていたので、ドライは封印。ウェットにストリーマーとシングルはもちろんスペイもやったのですが、目的のものは釣れず。

でも、オリジナルのストリーマーが使えるとの収穫があったので良しとしないと。

久しぶりのフィールドで気分は晴れましたが、更に欲求は増すばかり・・・。

GWは田んぼメインになりそうなので、その後、本腰を入れますかね。
釣りネタ | permalink | comments(6) | - | - | -

Spey Tackle

この冬、どうしても欲しいタックルが出来たので、あまり使わないタックルを処分してみました。
と言うか、昨年すでに注文してしまっていたので、なんとか資金を造らねばならない状態でした(笑)

んで、3年前にひと盛り上がりしたけど余り使わずにいたツーハンド2本とリールを少々、デジイチのレンズも合わせて年末年始のタックル売ったれ買ったれ祭りにて便乗してスムーズに売却♪
少々プラスしなくては足りませんでしたが、ここに来て目的のタックルが揃いました♪

先週末はシマジロウを見に嫁とミノさんが出掛けたので、オイラは川を見るついでに、練習&ライン合わせ。

TFOディアクリーク13’に、サーフェイスで借りたラインを合わせてみますが、風に邪魔され、なかなか思うように投げれません(風がなくても同じですけどっ!)。
でも、番手合わせだけだったのでなんとか問題はクリアできました。

そして、待ちに待ったウィンストン14’の試し振り♪
スペイラインやらシューティングラインやらフリフリしましたが、正直な話、風が強くて良くわかりませんでした!トホホ。

でもね、持った瞬間、銅の剣からイナズマの剣に持ち替えた時のような、攻撃力UPみたいな感覚があったような無かったような!(笑)

また時間を見つけてフリフリしないとね。
実釣は暫くお預けな予感・・・。
釣りネタ | permalink | comments(6) | - | - | -

反復練習

先日購入したTFOディアクリーク13’0 #7/8をフリフリしたいのと、ライン購入の参考にと思い、蛇拳の達人さん達が普段練習しているという池にお邪魔してきました。

ツーハンドに興味を持ちつつ、どんだけの年月が過ぎていったことか!
3年目にしてやっと重い腰が持ち上がった感じ。

へっぽこキャストでフリフリしていると、蛇拳さん登場。
早速見てもらっていろいろとアドバイスを頂きました!

流石に一人で疑問を抱きながら振るよりも、誰かに見てもらえるって良いね♪
13’で練習するよりも15’の方がタイミングとか掴みやすいからと、蛇拳さんのTFOをお借りして鬼教官(笑)のもとでほぼ1日、スウィッチキャストを反復練習。最後の方は肩甲骨から肩にかけて結構ききました〜。
なんとなく掴めてきた感じなので、忘れないうちにまた練習しようと思います♪

オイラ力量ではライン選びの判断も難しかったのですが、蛇拳さんと蛇拳さんのお仲間のアドバイスも頂いてなんとなく見えてきたかな♪

とりあえず、ショートベリーのフルラインを1本買おうと思います。
池に集まった方々、いろいろとありがとうございました!
釣りネタ | permalink | comments(7) | - | - | -

Rod Impression vol.1

グフフ♪
久々にお買い物。テンション上がりますな!
そんなんで、ちょっとインプレ。

今回はTFOディアクリーク・スペイロッド、13’#7/8。

年末年始のこの時期って、なんで浮き足立っちゃうんだろね。
まぁ、以前からちょくちょくネットを見て気にはなっていたんだけど、某スペイマニア様の言葉にドンっと押されて購入ボタンをクリックしてしまいました。

購入の理由は・・・殆どビジュアル♪(笑)

だって、アクションとか正直わかんねーもんっ!

それなりにいろいろトラディショナルスペイからスカジットまでとか書いてあるし、ラインも沢山発売されているからなんとかなるべとのもくろみ。
一応は普通にスペイしたいんですけどね。

んで、オイラ的インプレ。

第一印象は色気のあるロッドだなぁと。
種類の違うコルクをアクセントにした細めのグリップに、以前乗っていた三菱ジープJ48のボディのようなアズキ色というか赤紫なブランクにコパーワイヤーの様なゴールドでブロンズな文字とラッピングがステキ。

かといって、いやらしさも感じ無いので、やるやんけケニー&メイザーさん!みたいな。
それでいて、洋物の割には価格設定も嬉しく、さらに生涯保障ときたらグッと来ません?
まぁ、細かく見たら気になるとこは少々は有りますが、この値段ならまぁまぁ納得できそうな。

アクションは繋いで揺すってみたくらいなので良く解りませんが、特にティップでもバットでも無い気がするので、それなりに素直なのでは?

とにかく早くラインを通して振ってみたいですな。

ちなみに13’#7/8には450〜700グレインと表示されてますが、なんか幅広くね?ちょっと掴めない感じなんですけどぉ。
何も情報が無ければ600前後を目安にラインを探すとします。
一応気になってるのはRIOのパワースペイ(550か640gr)とか、3Mのマスタリースペイ、ショートヘッドとか。
実際に使ってる方やオススメなんか有ればコメントに書いてくれると嬉しいです♪

とりあえず、手持ちのシュースペ用のラインを行き場の無かったプリンセスにセットしてみました。フルライン買うとするとリールも欲しくなっちゃうな。どうしよ・・・。
釣りネタ | permalink | comments(6) | - | - | -

a happy new year 2008

明けましておめでとうございます!

昨年は山岳渓流・本流と、とても充実していたように感じます。
きっとフィールドでご一緒してくれた友人や、ブログにアクセスしてくれた方々のお陰ですね。

今年も素晴しいフィールドで、美しい渓魚と楽しい友との出会いを楽しみたいです。
そして、ブログを通じていろんな話が出来たら良いなと思います。
今年も宜しくお願い致します♪

今年もお互いに良い釣りを!
釣りネタ | permalink | comments(15) | - | - | -

スペイキャスティングコンペ

先週の土曜日にスペイキャスティングの栃木大会がありました。
最近忙しくて、なかなかタイムリーな日記が書けなくてスマソです。

オイラもツーハンドロッドを購入して2?3年経ちますが、使ってみようという気持ちがイマイチ高ぶらず、未だにスペイのいろはのいの字もわからん状態。

しかし、ここに来てかなーり興味津々。

スペイキャスティングの世界チャンピオンのスコット・マッケンジー氏もこの大会に参加するとの情報を得て、午後から仕事になってしまった日でしたが、なんとかそのキャスティングを見学することが出来ました。

競技大会といっても、意外とマッタリなムードが漂ってました(笑)
天気も良く、ポカポカでしたが、選手達には厳しい向かい風となってしまいました。

こちらは16フィートクラスの時のスコット氏の左投げシーン。
ロッドの風を切る音も特別なものがありました!

16フィートクラスとスコット氏のデモを見たとこでオイラはタイムアップ。最後まで見たかったけど残念っす。

もちろん、大会の結果は世界チャンピオンが16、18フィートクラス共に優勝。詳しくはこちらから。
釣りネタ | permalink | comments(4) | - | - | -

スペイのキャスレ

昼間に釣りあがりたい今日この頃ですが、あれやこれやと1日時間が取れません(涙)

仕方ないので、休日出勤の前にちょろっと出撃しました。

が・・・、目的のポイントはすでに3台もの車が!

そうでした。今日からコロガシ解禁。
残り鮎を狙う方々の方が気合が入ってました。

仕方ないので、現場近くのポイントに入りましたが、これまた全く何もなし!やはりと思いましたがテンション下げ下げのまま現場で仕事をこなしました。

んで、その後、某所にてBlueBackさんと偶然遭遇。
少し時間ができたので、BlueBackさんを巻き沿いにしてツーハンドのフリフリの練習を始ることに。

なんだかBlueBackさんの方がオイラより飛んでるような・・・(笑)

今回の練習の目的は、湖を想定のシューティングスペイで、ラインはK競スタムロッドの川上さんに作ってもらった改造インタミ。

しかしねぇ。スペイの基礎的な事を殆ど出来ない状態で練習すると、もう・・・愕然としますね!

ラインを水中から引き抜くのにロールキャストをするわけですが、そのロールキャストすら・・・(笑)
なんとかラインを浮かせてシングルスペイやスネークロール、ペリーポークなんぞ練習してみましたが、全然ダメダメ(涙)

もーどうにもならないので、川上さんにコツなんぞを聞いてみるかと電話してみると、所用があるというのに少し時間を割いて頂けるとのこと!

炎天下の中わざわざ来ていただいて、ちょっとだけレクチャーしてもらいました。ホントありがたいことです♪

もうね。スゴイね。流石プロだと思いました!
湖想定と本流想定、さらに右岸左岸、風向きとかを含めてあらゆるパターンで投げてもらいましたが、ラインが生きているというか、意思を持っているように遥か彼方まで飛んでいきます!

ハーッ!スゲッ!としか言葉がでません。
これをマスターすれば、きっと釣りの幅が広がるんでしょうね。

ちょっとしたコツなんぞを教えて頂いて、ロールキャストからシングルスペイと暫く練習してみましたが、最初より全然楽にラインが出ていくような気がします。

そのちょっとしたコツを自分だけで掴むのには、相当な時間が掛かるのでしょうけど、こうやって上手い方に教えて貰うのが1番手っ取り早いですな。
レッスンやスクールに参加する価値は十分にあると感じました。

しかしながら、時間があれば実釣したいオイラとしては、この練習に至るまでが困難(笑)
この日みたいに、釣にならないポッカリと空いた時間があればね。
もうすぐオフシーズンだから、今年こそはちょっと練習してみようかな。
ツーハンドロッドを購入して3年・・・毎年言っているような気もしますが(笑)
こればかりはある程度投げられないと釣りにならんもんね。


ちなみに、川上耕也さんのキャスティングスクールなどの情報はこちらから!
釣りネタ | permalink | comments(6) | - | - | -

The Thunder & Lightning

雷鳴とどろく今日この頃。
そんな中、サーフェイスの史朗さんから「出来たよ!」の電話が♪

ホホホ♪嬉しいな。
本流用のニューロッドが出来ました。
と言っても、今までのグラファイトと併用で、ポイントを選んで使っていこうかと。

今回のロッドは、ギャリソン218のテーパーデザインの#6バンブーブランクを使用。
かの名竿「The Light Salmon」と同じアクションとういことですな。

そんなブランクに、近々サーフェイスで販売するGhille&Guide(ギリー&ガイド)シリーズで英国風な味付けのGhilleをチョイス。さらに1インチ刻みの段巻きをお願いしました。

ラッピングのスレッドは、オイラのイメージしたブリティッシュなグリーンにピッタンコな仕上がりになりました♪

これも手間を惜しまず、数種類のサンプルを作って頂き、厳選してもらったおかげです。
ホント感謝ですな。

※画像は川で撮影している為、水滴が付いていたり、太陽光により本来の色に写ってない箇所があります。念のため。

ロッドの顔となるネーミングの部分は、シンプルに、このシリーズ#6以上のロッドのネームとなる「The Thunder & Lightning」のみ。とは言っても、まだ今の段階では仮名らしいのだが。

無知なオイラが「ウェイトとレングスの表示とかフックキーパーはないの?」と聞くと、英国風段巻きだと、ネームのみでワインディングチェックやフックキーパーも無しの方が雰囲気かな。」とのこと。

なるほどね〜!
イギリス風なギリーシリーズと、アメリカ風なガイドシリーズ、更にスタンダードなラッピングと、段巻きパターンでも細部にわたって、いろいろとこだわりがあるのねん♪
それと、写真撮り忘れたんですが、ロッドソックスはフェルールキャップを入れる小さなポケットが付いていたり、ベージュ色のタータンチェックだったりとオシャレなんですわ。

そして、こんなビンテージなリールのフットもなんとか装着出来るのも嬉しいところ。
ウホホ。早くこれで釣りたっす♪

詳しくは、近々?ホームページをリニューアルするサーフェイスのサイトにてチェケラッチョ!

サーフェイスの旧アドレスはこちら
釣りネタ | permalink | comments(8) | - | - | -