Diamond In The River Web Log

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

冬の気配残る中禅寺湖

めちゃくちゃ久しぶりのエントリーに、ログインパスワードも忘れてアタフタ。
釣りの準備にも年々忘れ物が多くなってきているような。

えーと、今年は解禁日近くから動こうと思っていたのですが、いろいろと用事が重なり、アッという間にGW。
田植えの時期になってしまいました。

ウチの方では5月中旬が田植え本番なのでGWはその準備だったり家族サービスだったり。
GWの予定を立てるときにエィッと初日釣りを提案したところ、しゃーねーな的にOKになりまして。
せかせかと準備をし、4月29日に今季初陣で中禅寺湖に行ってきました。

鬼怒川釣行を予定していたmotoさんも増水のため急遽中禅寺湖へ参戦。
一緒に暗いうちから山奥目指して歩きました。

久々のうえにネオプレーンのウェーダーとリュックと一眼レフの入ったヒップバック。
ずっしり来る荷物に負けないように、腰ベルトをギュッとしめて汗だくだくで日の出に間に合いました。

朝から風が強く、予報では昼すぎに風速15m。
マジっすか。直当たりだとキャスティングする自信がありません。
風裏になりそうなところを保険にポイントを選択。

風があまり強くならないうちにズンと来ましたwww
初物なのでいまいちピンと来ませんが、結構良型なんでないの?なんて思いながらやりとりしますが大分しつこいっす。
何度か自分でランディングを試みますが、うまくいかないのでmotoさんに助けてもらい初物キャッチです。

ワカサギが多いせいかムッチリ太かったです。
とりあえず解禁出来てホッとしました。

やはり9時くらいになると風の強さも半端無くなってきて正面には投げれません。
風当たりが弱く、且つ湖流が感じられるところを探っていると、根掛かりしそうもないところで若干の違和感。
リトリーブを繰り返してくるとブルブル来ました。
・・・が、すぐにバレちゃった。
ホンマスっぽいので、若干それっぽく意識して引いてくるとゴツっと来てブルンブルンしてます。
しかも、結構重みがあるのでデカそうです。
余分なランニングラインを巻き取ってリールファイトに備えているとビューと走って、プツンでした。

最初のレイクを釣ってティペットチェックしてなかったのと、走られた時にランニングラインが一瞬指に引っかかったのが原因かも。
毎年ながら、初期はこんなミスでガックリさせられます。
成長しませんな。

良型だっただけに残念・・・。

そして、風と寒さに心折れそうなギリギリでキャストを繰り返していると、数回のホンマスらしきアタリがありますが乗せきれません。なんとか釣れても尺くらいで、目の前でプラプラさせちゃってオートリリースとか。

もう少しウェーディングしたいところですが、ネオプレーンのウェーダーが膝横で穴が空いているらしく、膝まで水に浸かるとサーッと浸水してきます。
どうやら歩いている時に折れて擦れてたっぽい。
ネオプレーンであまり歩くもんじゃないね。

あまりの爆風に風裏を求めて人が集まってきたのでオイラたちは徐々に戻ることに。
各ポイントのワカサギ量も見ておきたいしね。

ちょこちょこ移動しつつ、そこそこのレイクに遊んでもらい、更に期待しましたがその後はなんも無し。

風がおさまって来たと思ったら今度は雪!
もしかしてチャンスかもと思いましたが、朝から立ちっぱなしなので足腰が痛いし、寒さも手伝って肩から背中もガッチガチ。
流石にラストまではやらずに撤収しました。

北海道は吹雪予報出ていたので、中禅寺湖ももしやと思いましたが、やっぱりまだ冬の気配は抜けきれませんね。
50UPのホンマスも釣れているようなので、次回が待ち遠しいなwww
釣行記 | permalink | comments(2) | - | - | -

ネイティブの渓へ

今回は渓流釣行記。
K君とそろそろ奥地への計画をと思い、連絡をとるといろいろなタイミングがピタッと来て、すぐさま出撃することに。

昨年の渓の続きをK君に見せたくて奥地を案内。
車止めから1時間強で入渓。
ケモノの雰囲気たっぷり。

息子のおもちゃの音だけピストルを持っていくが、火薬無し・・・
仕方無いので、鈴と笛を頼りに。
一応、5,6年ものの爆竹もあるけど鳴るのかな?

期待して釣り上るが、生命反応が無いな・・・
ムムム・・・期待していただけにちょっと焦る。

水はこの上無い透明度で、どこでも釣れそうな雰囲気はあるのだが。
走る姿も見かけないぞ!

でも、1時間ほど釣り上ったところで、K君に9寸のイワナが!
すると、すぐにオイラにも8寸がwww

掛かった時には、泣尺くらいあるのではと思うくらいの引き具合。
コンディション抜群は引きが違いますな。
綺麗な細かい斑点のネイティブニッコウ。

この2匹が釣れたところから同じような型がポツポツと釣れ始め、なんか大物の予感も!
しかし、また途中で反応が全くなくなって、暫くすると7寸くらいがちょこちょこと。

期待してたほど魚が居る感じはしないのですが、飽きない程度に釣れるのでどんどん奥地へ。
もう、ケモノの恐怖はどこかへいってしまって夢中で魚を探してましたw

ただ、気になるのは帰り道・・・
結構上がってきているので、どうするかな。
早めに帰る事だけ決めて行けるとこまで行ってみる事にwww

少しゴルジュになる手前の大場所で、端っこ手前から攻めてみる。
通常流れ出しでゆらゆらしているはずが、居ないのでもう少し奥の深さがある岩盤横を流してくると、ゆらゆら〜と魚が浮いていてスローモーションのようにパクリ。

釣られた事にも気づいてないのか、フラフラとこっちに誘導されるように来ましたが、目があった瞬間に体を翻しグイグイと引き始めました。

まだ淵の端っこをやり始めたばかりなのでアチコチに走られても困るので、なんとか左隅っこで無理やりやりとりしていると、ジャンプ3回!
イワナのジャンプは初めて見たかもwww

今日、1番のイワナが釣れました。
ハナワレの良いイワナwww
色もステキ。

その後、K君に残りをやってもらい1匹釣れたので、無理してランディングした甲斐がありました。
本当はここまでって感じのところでしたが、時間的にあと1時間くらいなんとかなりそうなので、ゴルジュをへつり、なんとか突破。
しかし、その上は更にサイズダウンな感じになってきたので、時間もそろそろだし、山道に出れそうなデンナリが出てきたので上がることに。

夢中になって7時間釣り上がってきたので、それなりの過酷な帰り道は覚悟してましたが・・・
デカい崩落地を横断やら、急傾斜のへつり横断。
一時は横断途中で身動きが取れなくなり、ガクガクブルブル。
なんとかK君に協力してもらい、一旦引き返し、ルートを変えたり。

鹿の白骨死体もアチコチで見かけ、心理的にも良くないよなぁ。
次のカーブの茂みなんかドキドキしちゃう。

かなりデンジャラスな想いで、やっとこ車に到着。
無事帰って来れて一安心。

久々の奥山は怖かったけど楽しかったなぁ。
今度は違うとこ開拓してみるかなwww




 
釣行記 | permalink | comments(2) | - | - | -

スペシャルな予感

あの悔しい出来事が、何度も夢に出てきてオイラを苦しめるので中禅寺湖へリベンジに。
到着して、ふと時計をみると3:33。
何かいい事ありそうな予感を感じて、準備をして湖畔へ。

朝一から引っ張りオンリーで攻めますが、暫くこれといった反応は無く、刻々と時間だけが過ぎていきます。

朝焼けが綺麗だったので、ちょっと休んでパチリ。
また、ふと時計を見ると4:44!
来たコレっ。
今日は間違いなくスペシャルな日になるはず。

朝から少しだけ風があるので、湖流も感じられるし、気合いが入ります。

キャスト&リトリーヴを繰り返しますが、暫く反応なし。

引き重りがちょっと強くなってきたなと思った矢先に、ググンと来ました!
が、すぐにバレちゃった・・・
まぁ、そんなに大きそうでは無かったので、まぁ良いさ。

でも、また暫く反応無しで、突然コツコツって感じのアタリ!
藻かなと思ってフックをチェックするとウロコだけが付いていました。
大きさにして5,6mmかな。
結構良いサイズのが絡んで来たのかも。ムムム・・・

立ち位置を少し変えて、再開すると・・・
まだ何回もリトリーヴしていないうちに、ズズズ!!!!
前回のデカブラと同じような、掛ってからあまり動かないアタリにテンション急上昇!

まだ走り出さない内に余計なランニングラインを急いで巻いて、リールファイト準備OK!
リールをカリカリと巻いて来ると、時折、軽く首を振るようなググンググンという感触www
でも、近くまで寄ってきても重さだけで付いてくる感じ?
そろそろ魚体が見えてもいい頃ですが、ティップとリーダーの接続部分までロッドティップに入れるのは危険。
いきなり走られてティペット切られても困るし。

暫く様子を伺いますが、走る感じがしないので、自分が移動しつつ魚を浮かせて来るとシルバーのボディがギラリ!!
んん!?ホンマス??
でも、走らない。
やはりちょっとだけググンググンと生命感があるような?

思い切ってランディング体制に入ると・・・・

なんじゃーーーーっ!・・・・

思わず、ひっくり返りそうになりました・・・

砂がみっちり入った、サッポロドラフト生!

キョーシセイカツニジュウゴネン・・・

心の中で涙しながら呟いたYO!

フッキングポイントは飲み口の外側。
クルリと返してあるアソコ。

なんで、ランディング直前の魚がバレて、このフッキングポイントがバレないの?!

今まで「コウモリ・セキレイ・ツバメ・カモ・溶岩石・ルアー・リール付のフライロッド」などを釣り上げてきましたが、今回も釣れそうでなかなか釣れないレア物。

残るはヤカンと長靴だけじゃね?
まったくもう、神様のイタズラにしても、このタイミングはおふざけが過ぎませんかね?!
もー、完全にフニャフニャですよ。

それから、気をとりなおして頑張りますが、これまた何にも無く耐久戦へ。

場所をあちこち変えながらやっていると、いつの間にか風が無くなってきました。
この風の吹き止みの頃も結構釣れたりするんだよなぁなんて考えながら引っ張っていると、不意にドンと来ましたw

ウシシ。今度こそ間違いなく魚です。
どうやらレイクっぽいな。
60は無いかなぁといった具合のレイクでしたが、結構引いてくれて、暫くやり取り。

良かった。これで凸は逃れられると思いながらリールを巻いていると、ランニングラインに結び目が出来ちゃってます。
これをほぐしながらランディングは厳しそうなので、手探りでラインを手繰っているとすぐ近くまで来て軽く走られてサヨナラ〜!?

ハァ?なんで?またバレた?
ワナワナワナ・・・・・

リーダーから先をチェックするとリーダーとティペットの継ぎ目からプツリ・・・・。
暫くやりとりしていてここから切れるなんてあまり無いんだけどなぁ。

タイムアップ1時間前なので、風が無くても引っ張り続け、なんとかその後に泣きのコブラとキングコブラ1匹づつ。

写真も撮るかどうか迷いましたが、負の連鎖を止める為にパチリ。

どうか、負の連鎖が止まりますようにwww
釣行記 | permalink | comments(0) | - | - | -

セカンドステージ開幕戦

雨続きの6月。
晴れ間がみられそうな天気の日に出撃。

実は前回からシステムをインタミからタイプ3へと試しに変えてみたりはしてたのですが、インタミ圏内では釣れない雰囲気もまだ無かったので躊躇していました。

今回も朝一はドライフライとインタミのシステムで。
一応、一応ね。フローティングワカサギなんぞ出番があったりしたら困っちゃうから。
備えあれば憂いなしの感覚で。

朝一にライズがあるのでは?と思っていましたが、あるのはマスっ子と沖でニジマスらしきライズのみ。
時々、不定期に体をだして40中くらいのブラウンがボイルするのが悩ましいですが、マスっ子を追っているのか虫なのかわかりません。

ベタ凪なのでドライタックルであれこれ試してみますが、フライを見に来てUターンすらありません。

心を決めて、微風でも引っ張りに変更し、引き重りを感じられるところを検索。
なんとか、スカスカじゃないので引っ張り続けていると・・・

休憩しようかと思った矢先、フォーリングから近くに居たのか?リトリーヴ3回目くらいでズズズ????

根掛りの深さじゃないよな?と思って追い合わせを2回いれるとゆっくりと動き出しましたwwww
ウシシ。この重さは結構デカいなwww

すぐ近くまで素直に寄って来ましたが、こちらの存在に気付いたのか、突然走り始めました。
こちらもその姿にドキドキっす!
レイクかと思ったら軽く60越えのブラウン!しかも、せっぱったオス!!!
70は無いと思いますが、やばいっす。
ときめきが止まりませんw

駆け上がりを右へ左へとトルクフルに走る度にヒヤヒヤ。

特に反転する時なんかガクガクブルブル。
1回だけジャンプしましたが、波紋が半端ないっす。

暫くやりとりをして、やっと浮いてきたところでランディング体制に。

ジワ〜と寄せてきて、あと2,3m。
ランディングネットに手を掛けた瞬間。
プンっと突然空中に舞い上がるフライ・・・。

心臓止まりました。

正に痛恨の極み。
やり場の無い怒りのような、全身がカァーと熱くなって、胃がキュンキュン絞られる感じ。
愕然とはこのことなんだろうな。

ショック。めちゃめちゃショック。
なんで?って感じですが、これ現実なのよね。

こんなデカブラチャンス滅多に無いよなぁ。
セッパリのオスでぶっとかったなぁ。

キィーーーっ!悔しすぎるっ!!!

暫くして釣りを再開しましたが、リピートされる忌わしき記憶。
胃がまだシクシク痛み、泣きそうで釣りに集中できません。

風も変わってきたので、チェンジャブルのティップをタイプ3へ交換し、自分の心に暗示を掛けてみる。

「これはきっとドラマのはじまり。デカいのをバラして、結末はあれよりデカいのが釣れる筋書のはず。」

でも、もう一人のオイラがささやく。

「あんなの滅多ないチャンス。そんなに簡単に釣れる訳ないよ。このまま何もなく今日は終わりだね。」

そんな頭の中のやりとりがぐーるぐるしながら、カウントを取り、棚を決めて、より強い引き重りを検索。

暫くすると、良い感じの引き重りが出てきて、ズズンと来ちゃったwww

さっきより重さは無いが、頭の振り具合が良いサイズを予感させます。
今度こそは絶対に取る!

リールファイトに持ち込んで、やりとりをしますが思った以上にしつこいファイター。
ランディングに入ると、今度は携帯に着信。
とりあえずランディングに集中して無事キャッチ。
ランディング出来てホッとしました。
深いところをウロウロしていた個体なのか、あまり黄色くないブラウン。

が、撮影しようと一眼レフ魚に向けると、今度はシャッターが切れません!
いろいろ試すがAFが動かない。
ピントが合わないの原因ようなので、マニュアルで試してみるとシャッターが切れました。

以前使っていたレンズも、AFから動かなくなって、ズームも動かなくなっちゃったからな。
同じレンズを中古で買ったので、またその時が来たのかも。
というか、水辺ばかりで使っているので湿気とか、そこらへんが怪しいな。

にしても、普通ならテンション上がるサイズのブラウンなんだけど、初っ端のデカブラのせいで感動が薄れちゃったな、もう。
でも、一安心ってとこかな。ショックからも少し回復したし。

そして、ランディング中に着信のあった美魔女も振り向く某S店長が到着し準備しているというので、合流。
暫く、あちこち移動してやってみますが反応無し。

例年だと、なんか有るはずのポイントがみんなダメな感じ。
う〜ん、考え深いなぁ。

結局、戻ってきてましたが、すんごいノロ玉!
風も弱くなってきているので、流されないのでしょうな。

また移動しても仕方ないので、ランニングラインに絡まるノロ玉と格闘しながらリトリーヴを繰り返していると、ズズンとまた来ましたwww

今度も結構良いサイズっぽいぞ!
でも、途中まで浮いてきたかと思うと、深いところに潜るようなダッシュ。
レイクっぽいぞ。

表面水温の割には引きは全盛期のよう。
赤いヒレと白のラインが水中で目立ちました。

ヒレの赤みは居付だからなのか?
良く解禁当初とかに見かけるので水温のせいかとも思ってましたが、よくわからんです。

とにかく、良く引いてくれた60オーバーのレイク。楽しめましたw
最初のデカブラはこの2匹から見積もっても65くらいはあったかもな〜。
悔しさ残りますが、この時期にしては結果オーライかな。

ときめき☆男塾 夏の陣 開幕かなwww
釣行記 | permalink | comments(0) | - | - | -

雨の中禅寺湖〜雨の渓流

雨の中禅寺湖に行ってきました。
朝からシトシト。
時折、ザザーと。

ジャケットの下にフリースでもじっとしていると寒いくらい。
引っ張り終了宣言がちらほら聞こえてきたのですが、オイラはあまり気にしない。
確かに厳しいけど、可能性は常にゼロじゃないと思うようにしている。

フローティングワカサギで良い思いをされた方々の後とは解りつつも、ブラウンを求めてアチコチ迷走。

ワカサギが実際に居る場所を見つけてからフライを投入。
しかも、意外とはやく茶色い影がスーと寄ってきて、ブワンと水面を乱してUターン!!
結構デカかったんじゃないのー!今のwwww

フライが浮きすぎているのかもと思い、せっかく塗ったシリコンを全部剥がして、ギュウギュウに水中で絞って再度投入。

すると、ガバッと出たのは良いのですがコツッとアタリを残してすっぽ抜け〜。
グヌヌヌ、悔しい・・・今来たヤツはもうダメだな。

気を取り直し、再度少しズレた所でフライを浮かべておくと、ものの数分で2周りくらい小さいブラウンが2匹寄って来てフライの周りをグルグルしてさよなら〜。

マジか。どっちか食いそうなもんだけど・・・

もしかして、横向きのフローティングワカサギにスレてる?

縦浮きのワカサギにして待っていると、体全身を出してガボッと来ました!
今度はしっかりフッキング!?
不安なので追いアワセをするようにラインをグイグイっとやると、テンションが無くなっちゃいました・・・。

マジっすか!?かなりショックなんですけど〜。
こんな短時間でこんだけのチャンスなんてそんなに無い気がするんだけど、雨だしな。もしかすると・・・

まだチャンスはあるはずと気を取り直し、ティペットを細くしてみて、ちょっと移動して再開すると1投目でバックの木の枝にフッキング・・・グヌヌヌヌ・・・なんかこんなんばっかりだな。自分にガッガリ。

おやつを食べつつ、心を静め、再チャレンジ。
すると忘れた頃にガボン。
お約束のすっぽ抜け〜。
悔しいっす。めちゃ悔しい。
カァーと体が熱くなるくらい悔しい!

なんか、魚っけはあるようなので、一時違う場所に行ってみてから戻ることにして移動。

移動先でも、ランガンしながらフライを打っていくと、スッとフライが消えました。
もしやと思い合わせてみると水中でグルングルンとシルバーのお腹が。
レイクっぽいなと思いながらやり取りしているとまたもやバレっちゃった!!

なぜこんなにランディングできないのか!?
フライに問題がありそうな気が。宿題だな。

そして、最初の場所に戻り、暫くフライを浮かべておくと・・・
ゴボッと出ました!

乱れる水面からすると結構良い型なんじゃ?と思った瞬間、ズバババっと飛び出す魚!
レ、レインボーさんですか!?

次の瞬間、沖に向かって暴力的な走り!
リールがジィーじゃなくてキーンっつったYO!
バッキングラインも数メートル持っていかれて、リール巻き取るの大変っす。

暫くやり取り堪能しましたw
レインボーは引き味はピカイチだねぇ。
ヒレもちゃんとしてたのでまだ良かったですが、もうちょっと北海道のレインボーみたいに顔が尖がらないかなぁ。

お凸は免れましたが、目的のブラウンの顔が見れませんでした。
この他、2回くらいチャンスがあったのですがランディングには至らず。
そのうちの1匹はホンマスっぽかったんだよなぁ。
帰りにとある場所で今季初のホンマスのライズを目撃したし。
次回もチャンスに巡りあうことを祈りつつ早めに上がることに。
 

そして、父の日にカインさんとK君と渓流釣行。

朝一番で鬼怒川本流でK君と待ち合わせて、ウェットでひと流し。
増水&笹濁りでしたが数発ライズを確認。
オイラは撃沈でしたがK君が1匹。
デカいライズを発見したのでそのうちなんとかしたいなw

朝食をすき屋でとり本番の渓流へ。
カインさんと合流まで近場でふりふり。
ちびヤマメが反応しますが、良型は少ないな。
K君が良型のヤマメ1匹だけで、オイラはこっぱ。

 いつもは良型が定位しているポイントもお留守でした。

カインさんと合流して奥地を攻める予定でしたが、雲行きが怪しいので近場へ。
そこでは段々イワナの反応が多くなって、7寸程度ですがポツポツと。

久しぶりのイワナはなんだか癒されるわ〜。
水槽で飼いたくなるねw

雨交じりの天気ですが、タイムアップまで1時間半くらいあるので別の渓へも。
でも、移動直後にどしゃ降りに。

ちょっと雨が弱まったので入渓しますが、すぐにまた本降りへ。
すぐに反応があって、2回目の反応ですっぽ抜け。
3回目でフッキングしますが、ブルブルしているうちにバレちゃった。
結構良い型だった感じなんだけど、雨に耐え切れず終了〜。
あとでK君かカインさんにリベンジしてもらおうwww

カインさん、K君、雨の中お疲れさまでした!
また遊んでちょうだいwww
 
釣行記 | permalink | comments(0) | - | - | -