Diamond In The River Web Log

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 遠のくブラ運・・・ | main | 渓流へ >>

三刀流山修行

5月22日から中禅寺湖畔でクマ目撃情報多数の為、これからという季節に一歩踏み出せないオイラ。
強者はクマに高巻され、高巻仕返してまでもタイムアップまで釣り続けたみたいだけども、オイラは流石に無理っ。
ある人は置いておいたバックパックをボロボロにあさられ、ある人は荷物を引っ張られたそう。
そんなん聞いちゃったら、早朝からとか言うよりも一人で行けないじゃん。

でもさ、行く人は行く訳で、クマだってツキノワグマだし。
クマ除けやとうがらしスプレーは有るけど、バックパック持ってかれちゃっても困るし・・・
と言うわけで、今回からは三刀流ゾロスタイルで出発です。

オイラのバックパックに手を出したら、覇気を込めた黒刀で奴の鼻面にフルスイングしてやるぜw

ま、シャレですよ。シャレwww
万が一の為、スタッフにもなるしね。
荷物だけど・・・
本気じゃないよ・・・ドキドキ。

で、釣りの方だけど、有名ポイントが空いるし、時々ライズするしで期待大だったんだけど、ドライフライ浮かべても、引っ張ってもパッとせず時間だけが過ぎてゆき、我慢できずに移動。

風は山から沖に向かっている微風なので、引っ張りよりもフローティングの釣り日和かも。
流されているセミやテレストリアルは見かけるものの、ライズは最初のポイント以外では発見できず。
戻るのもなんなので実績のあるポイントへ向かってみる。
しかし、先行者が居たので別のところでセミフライを浮かべて待つと、ライズは無かったがいきなりゴボンっ!
すぐに良いサイズのレインボーと分かりましたが、なぜかあまり走らない。
体力はあるみたいでなかなか上がりませんでしたが、ランディングしてみると納得。
尾びれがウチワどころか、ぶった切ったようにヒレが無いじゃん。

刺激的なので、ネットインのまま絞り開放ぎみで撮影。
なんだかな〜。

リリースして、次のキャストに移ろうかなとしていると中禅寺湖スペシャリストと遭遇。
少し話をすると、凄腕のブラウンマスターも来ているとの事。
さっきの人がそうだったのかもw
確かに釣り方が丁寧だったなぁ。雑なオイラとしては見習うべき所だなぁと。

風は強くなったり弱くなったりで、風が弱まると潮目でライズを目撃することが多くなり、そいつを狙うとあっさりとセミフライをガボン。
良いサイズのレインボーで、4,5回ジャンプ!
今度はちゃんとヒレがありそうです。
しかも、走る走るw
あっという間にバッキングラインまで引き出されてリールで巻き取り始めると針が外れてました。
こういう時はある程度手で手繰っちゃった方が良いのかもね。
一旦休憩しようと思ったのですが、またもや同じところで2,3匹ライズ!
すぐに狙うと、一撃www
今度は慎重にやりとりしますが、さっきよりサイズダウン。

ヒレの回復したレインボー。
良く引いたのでヨシw
やっぱ引きはレインボーがピカイチかもね。

調子に乗ってまだ釣れるだろうとさっき釣れた辺りを狙いますが、今度はよそ見で合わせられず、そして時合は過ぎタイムアップ。
やはりレインボーだけじゃ、良く引いても満足できないかも。

そして後日、何気なく週末の予定の話を家族としているとチャンス到来。
嫁の気が変わらない内に出撃宣言www

最近、やっと「バカに付ける薬は無い」事に気づき始めたか!?


実は、前回ドライフライ用のシングルロッドのリールシートエンドが取れてしまった為、今回から久しぶりに竹でも使ってみようかと。

そして、先日改めて感心したことを実行してみる良いチャンスかも。
まずはガツガツせず、静かに、丁寧に、を意識してスタート。

目的のポイントに付くと場所は特定出来ませんでしたが、何やら左の方でライズの音がしたような。

まだ水面が静かなので、ドライフライで静かに始めて、じっくり左側にスライド。
ストラクチャーが沈んでいるので、釣れたらどうしようかな?なんて心配をしつつも、なかなか反応しないので、釣れたら考えようと気楽になっているとガボン!!!

リーダーがツツーっと走ったところで合わせを入れると、ゴクンゴクンと首を振ってイヤイヤするブラウン来たーっw
そして横に走り始めると、ストラクチャーに向かってまっしぐら。
やばそうなので、グッとコラえてなるべく水面近くでやりとり。
潜られないようにギリギリでいなして、なるべくティペットがカウンター方向にならないようにしていましたが、不意に猛ダッシュをくらい、痛恨のストラクチャーのすき間に入っちゃった!
魚とのテンションは保ってるとは思うんだが、ラインがストラクチャーに当たっている感覚も。
テンションを微妙に緩めて、暫く待つと、ラインがゆっくりと動き出し、ストラクチャーをこすってたラインの感覚が魚とのテンションだけになった気がしたので、一気に勝負を掛けて水面へ誘導。
今年の数回の失敗が頭をよぎりましたが、ジワジワ弱らせてなんとかランディング成功www

ウシシシw
久しぶりのイケメンで嬉しいっす。


バンブーだったもんで、曲がったなぁw
気づくと口の中カラカラでした。

もう、今日はこれで満足っす。

と、言いながらもきっちり1日やりましたけどね。
セミで4回チャンスがありましたが、ラインブレイク×1、見きられ×1、すっぽぬけ×2。
セミも山の上の方で鳴くようになってきましたが、まだ行けるか?もう終わりか?微妙なところ。

とりあえず、ファーストステージは終わりかけっぽいっすね。
そろそろ渓流かな。

釣行記 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする