Diamond In The River Web Log

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 冬の気配残る中禅寺湖 | main | 三刀流山修行 >>

遠のくブラ運・・・

田植えも終わり、オイラとしては釣り本番を迎えるわけですが、今年はワカサギがわんさか、ホンマスもプリプリで良いサイズの話もチョイチョイ聞こえて来てます。
どちらかと言うとヒカリ物より柄物の方が得意に思っているワタス。
というより、ホンマスを狙ったスキルが圧倒的に少ないっす。
なぜなら、そこそこ釣れるようになってから日本に激震が走り、なんとかC&Rで再開するものの、なぞのヒカリ物激減。
ナゾと言うより・・・疑惑のような・・・。

それはさておき、兎に角、キャスティングレンジで水面をパシャパシャされると不安になるわけで。
自信をもってリトリーブとか出来ないのよね。
そこに来て、バラシなんかが続くともう迷いのスパイラルにハマっていくわけで。

この時期だからホンマスに専念しようと心に決めていても、結局ブラウンなんか見つけちゃうとスイッチ入っちゃうのよね。
そんなんでうろうろしているブラウン見つけてはドラワカ浮かべたりするものの、案の定、バラシ、すっぽ抜け、ラインブレイク、そしてまたバラシ。終いには見切られるようになり、気づいた時にはホンマスの群れも遠ざかり、ブラウンはスレちゃうという負のスパイラルぐるぐる。

それでもなんとかしたいので、ブラウンの回遊コースを読んで沈めてリトリーブ。
2投目くらいで予想通りにズズンと来て、シテヤッタリの満足感でランディングすると・・・

まさかのレイク。
この日の凸逃れでホッとする反面、マジっすか。



今度こそと思って、同じ場所に2回通って引っ張りで掛けたブラウン。
リールファイトも堪能して、ランディング直前にフッと消える重量感・・・。
姿が見えていただけにショック・・・思わず漏れる情けない声。

気を取り直して、釣りを再開するものの、結局ランディングできたのは消化不良な感じの若いブラウン。

帰っていく姿だけ記念撮影。
ま、ランディング出来ただけヨシとしなくちゃね。
でも、この日はセミも浮かべて1回見に来たブラウンが居たけど、鼻でツンとされて終わっちゃしさ、なんだかな〜。


そしてクマ目撃情報多数の中、山へと予定していた日なのに朝から波ザブザブ。
船長と待ち合わせ時間まで国道側で朝からスタート。
越後屋さんで回数券を交換する時も、「今日やるの?」なんて驚かれながらも迷いはありません。
ドライフライの誘惑も無いので、ガッツリ引っ張り倒すと、40前後のホンマスがパタパタと釣れましたw

今期初ホンマスなので、ちょっぴり嬉しいかもw

その他にニジマス2つに、もうちょっと大きくなって会いたいブラウン。

期待していたものは釣れませんが、合流時間までに9本。
準備運動でこれだけ釣れちゃうと、今日はフィーバーしちゃう期待感が・・・。

合流の時間になり連絡を取り合いますが、波が高くて出船は断念。
インタミで引き続きポイントを探りつつ引っ張り続けてみますが、引き波がパッとしないので、ティップをタイプ3に交換してからの2投目に沖目で重量感のあるアタリw
レイクでは無さ気ですが、なんだろう。
場所的にもブラウンは薄いけど・・・ニジ?

ランディング直前まで怪しさがありましたが、ホンマスでしたw

期待しましたが一線は超えられず。
でも、嬉しい1匹w

タイプ3で1分の棚でまぁまぁの湖流だったので、再び同じ場所をトレース。
すると今度は駆け上がり付近でドスンw
良型のブラウン来ましたw
が・・・
またもや手前でリリースするはめに・・・。
今年のブラウンは取れないっす。
引っ張りであまりバレないのになぁ。
ガッカリしつつ昼の休憩へ。

そして再開後、ポイントをズラして数投目に深いところでズズンときちゃったw
結構トルクフルな引きに60オーバー確定だろうと思ってランディングしましたが・・・

 全然届かないレイクでした。
このサイズでそれなりの引きをするとはコンディションは抜群なんだろうな。
楽しませてもらったのでヨシ。

その後は湖流も安定せず、右往左往してちびっ子ブラとタグ付ニジマスを追加でタイムアップ前にギブアップ。
セミでも1匹ライズしている奴を掛けど途中でバラしました。
ニジだけどね。

次回は良型のブラウンなんとかしたいな〜w
 
釣行記 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする