Diamond In The River Web Log

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< セカンドステージ開幕戦 | main | ネイティブの渓へ >>

スペシャルな予感

あの悔しい出来事が、何度も夢に出てきてオイラを苦しめるので中禅寺湖へリベンジに。
到着して、ふと時計をみると3:33。
何かいい事ありそうな予感を感じて、準備をして湖畔へ。

朝一から引っ張りオンリーで攻めますが、暫くこれといった反応は無く、刻々と時間だけが過ぎていきます。

朝焼けが綺麗だったので、ちょっと休んでパチリ。
また、ふと時計を見ると4:44!
来たコレっ。
今日は間違いなくスペシャルな日になるはず。

朝から少しだけ風があるので、湖流も感じられるし、気合いが入ります。

キャスト&リトリーヴを繰り返しますが、暫く反応なし。

引き重りがちょっと強くなってきたなと思った矢先に、ググンと来ました!
が、すぐにバレちゃった・・・
まぁ、そんなに大きそうでは無かったので、まぁ良いさ。

でも、また暫く反応無しで、突然コツコツって感じのアタリ!
藻かなと思ってフックをチェックするとウロコだけが付いていました。
大きさにして5,6mmかな。
結構良いサイズのが絡んで来たのかも。ムムム・・・

立ち位置を少し変えて、再開すると・・・
まだ何回もリトリーヴしていないうちに、ズズズ!!!!
前回のデカブラと同じような、掛ってからあまり動かないアタリにテンション急上昇!

まだ走り出さない内に余計なランニングラインを急いで巻いて、リールファイト準備OK!
リールをカリカリと巻いて来ると、時折、軽く首を振るようなググンググンという感触www
でも、近くまで寄ってきても重さだけで付いてくる感じ?
そろそろ魚体が見えてもいい頃ですが、ティップとリーダーの接続部分までロッドティップに入れるのは危険。
いきなり走られてティペット切られても困るし。

暫く様子を伺いますが、走る感じがしないので、自分が移動しつつ魚を浮かせて来るとシルバーのボディがギラリ!!
んん!?ホンマス??
でも、走らない。
やはりちょっとだけググンググンと生命感があるような?

思い切ってランディング体制に入ると・・・・

なんじゃーーーーっ!・・・・

思わず、ひっくり返りそうになりました・・・

砂がみっちり入った、サッポロドラフト生!

キョーシセイカツニジュウゴネン・・・

心の中で涙しながら呟いたYO!

フッキングポイントは飲み口の外側。
クルリと返してあるアソコ。

なんで、ランディング直前の魚がバレて、このフッキングポイントがバレないの?!

今まで「コウモリ・セキレイ・ツバメ・カモ・溶岩石・ルアー・リール付のフライロッド」などを釣り上げてきましたが、今回も釣れそうでなかなか釣れないレア物。

残るはヤカンと長靴だけじゃね?
まったくもう、神様のイタズラにしても、このタイミングはおふざけが過ぎませんかね?!
もー、完全にフニャフニャですよ。

それから、気をとりなおして頑張りますが、これまた何にも無く耐久戦へ。

場所をあちこち変えながらやっていると、いつの間にか風が無くなってきました。
この風の吹き止みの頃も結構釣れたりするんだよなぁなんて考えながら引っ張っていると、不意にドンと来ましたw

ウシシ。今度こそ間違いなく魚です。
どうやらレイクっぽいな。
60は無いかなぁといった具合のレイクでしたが、結構引いてくれて、暫くやり取り。

良かった。これで凸は逃れられると思いながらリールを巻いていると、ランニングラインに結び目が出来ちゃってます。
これをほぐしながらランディングは厳しそうなので、手探りでラインを手繰っているとすぐ近くまで来て軽く走られてサヨナラ〜!?

ハァ?なんで?またバレた?
ワナワナワナ・・・・・

リーダーから先をチェックするとリーダーとティペットの継ぎ目からプツリ・・・・。
暫くやりとりしていてここから切れるなんてあまり無いんだけどなぁ。

タイムアップ1時間前なので、風が無くても引っ張り続け、なんとかその後に泣きのコブラとキングコブラ1匹づつ。

写真も撮るかどうか迷いましたが、負の連鎖を止める為にパチリ。

どうか、負の連鎖が止まりますようにwww
釣行記 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする