Diamond In The River Web Log

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 鬼怒川出陣式 | main | ブルーバック >>

ブラウンを探しに

5月27日、ブラウンに会いたくて早朝から出撃。

2食分とタックルに一眼レフだと結構バックパックが重いのよね。
腰ベルトをギュッと〆て、一眼レフの入ったヒップバックでバックパックを支えるように背負いますが、なで肩のオイラは胸の前でパチンとしなければ辛いのです。

4時ちょい前に出発し、まずはどこかでサンライズを撮らねば。

いつ見てもサンライズは気持ちが良いもんですな。
これだけでも来た甲斐があるってもんです。

5時過ぎくらいに目的の辺りに到着し、先行していたルアーマンとちょっと話をしますが、先週よりボイルが少ないそうです。
低活性の噂も本当のようですな。

風も無いので、ライズ探しにチョイと移動。
ラッキーにもすぐにライズ発見しますが、ドライタックルでストーキングするとライズは沖の方へ。
ちょっと焦りすぎました。残念。

その後、アチコチにモンカゲやらセミのパターンを浮かべてみますが、なんの脈もないような気がして集中力がもちません。

ちょっと風が出てきたところで、いつものように引っ張ってみると、すぐに魚信有り!
ブラウンな感じですが、重さが足りません。

会えるに会えましたが、若過ぎますねぇ。

まだ家族が居るかもしれないので、少し粘りましたがダメなので移動。
朝のポイントに戻ると誰も居なくなっていたので、そこでも粘るもダメみたいなので更に移動。
そして、自分が居た方を見てみると、金色の魚がジャンプ!しかも、結構良い型でした。
う〜ん、タイミングなのかな。

こっちに周ってこないかなと念を込めてリトリーヴを繰り返します。
すると思ったよりも早く来ちゃいましたwww

しかし、さっき見たヤツじゃないですな。
これよりずっとデカかったはず。

最初の1匹よりサイズアップしたのでヨシとしくちゃ。

更にランガンしていくと、またもやヤングなブラウン。

1匹で良いからあのズシンと来る重量感が味わいたいw

今日は早上がりをしなければならないので、タイムリミットまでわずか。

波ザブなのでカウントダウンを減らす為、ティップをインタミからタイプ靴砲靴胴垢縫薀鵐ン。

最後の1投と思ってからの5投目くらい。
なんとか釣れましたが、重さが・・・重さが足りない。

好みの柄のブラウンでしたが、探しているブラ吉ブラ夫じゃ無かったっす。

次回は大人のブラウンに会いたいぞ!
釣行記 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする