Diamond In The River Web Log

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 台風一過 | main | 鬼怒川出陣式 >>

強風竜巻注意報

釣りの時の天気予報は「天気とくらす」のサイトをチェックして出かける事にしている。
この時もチェックしてみたのだが、雨の後で風は吹くとは思っていたけど、予報では風速13〜16mとか!?
う〜ん、悩むとこだが、釣り師の性か、波ザブで大物も油断して掛ってしまうのでは?と期待してGO!

到着すると、そうでもないじゃんwwwなんて思いましたが、やはり信用している天気予報サイトだけに当るね〜。
開始早々からキャストがややしづらい感じに風が強くなってきて、こりゃ昼前後はビュービューだなと。
これは朝飯なんぞ余裕ぶっこいて食べてる場合じゃ無いなと思い、とりあえずお凸回避に真剣になってみる。

すると、思ったよりも早くブラウンが。
結構引くなぁと思ったら、胸鰭の近くのスレ掛かりでした。
 
食い損ねて掛かっちゃったんだわね。

なんだかなぁなので、もう1匹釣れないだろうかと頑張ってみたら、今度はレイク。

レギュラーサイズのほのぼのさん。

もしかしてだけど・・・今日の風・・・良いんちゃうのwwwwww

期待しちゃうじゃんかと思った矢先に更にサイズUPした感の重量感。
まぁまぁしつこく粘ってくれたので合格!

やばい、これはホントにもしかしてもしかしてwww

・・・と、かな〜り期待したのもここまで。

白波が立ってきて、キャスティングもメロメロ。
ランニングラインは何度も何度も絡まっちゃうし。
集中力もダウン。

しかしこんな時こそ気合で乗り切るしかないっしょ。

ここぞとばかりに投げまくり。
失敗キャストはすぐ回収。
距離を犠牲にしてでもターンオーバーを心がける。
しかし、良い波はつかめず迷走。
風は基本強い西風なのですが、時々南寄りとか北寄りとかになっちゃって、手前スカスカ、時々良いキャストが決まれば遠くで引き重り。
こんな時、いつもキャスティング練習しとけば良かったなと後悔するのですが、した事が無いオイラ・・・今更どうにもならんね。

その内、沖で水柱の竜巻目撃。
こっちに小さくなりながらパパパッて走ってきて、オイラにバギ直撃。
顔もグラサン水浸し・・・。
バギクロスじゃなくて良かった。

ネオプレーンじゃなくてハイブリットにした事を後悔。
しかも、左足が微妙に浸水してきてるし・・・。
今日は指先もビリビリに痛寒い。

そんなんで肩と背中がガッチガチになるまで振り倒すも、何も無し!

流石に心が折れて、中禅寺研究所から庭造り研究所になりつつある友人に電話してお告げを聞いてみる。
若干、気持ちを取り戻してリスタート。

終盤に差し掛かり、ふと風の勢いが弱まりチャンス到来。
なんとかほのぼの系のレイクが釣れましたが、サイズUPしないので撮影もせずすぐリリース。
この流れを逃すまいと即座に再キャスト。
そして、根掛かり・・・ガックシ。

ティペットとフックを交換して再開するとまたしても根掛かり・・・マジか〜と思ったらフック戻ってきましたwww
チャチャっとフックをチェックしてキャストを繰り返すと・・・キタッ!

ブラウンの引きですが、サイズは小さいな。
手前まで引き寄せて、絡まったランニングラインに気を取られているとフックアウト。
小さかったし、ま、いいかと思って再開すると、今度は今日1番くらいのレイク!

魚の姿が見えて来ると、またもや手前でサヨナラ〜。
グヌヌヌ・・・なにをしてるんだオイラは・・・と何気にフックを見てみると・・・ゲイプが開いちゃってるじゃん!

チェックしたんだけどなぁ、集中力が落ちてるのと焦りからか。

フックのゲイプをフォーセップでグイっと戻して再開。
しかし、波が変わったらしく釣れる気もしなくなってきたのでちょこっと移動。

そこで来たのはまたしてもほのぼのさん。

全然ほのぼのしません。
写真も雑ですね〜。
撮らないつもりでしたが、一応・・・。

イカン。イカンぞ。
こういった焦りというか、落ち着きが無い感じの釣りは辛い釣りになるだけなのに。
で、もなんとかサイズUPしたい贅沢病発症中。

タイムアップ15分前にもう1匹ブラウンが来ましたが、全部同じようなサイズ。

最後まで諦めず、しかもリール巻き取りの時までカウントダウンして巻き取ったのになぁ。
結果からすれば、8匹中2匹バラシでまぁまぁと言った感じですが、満足感のある釣りじゃなかったかな。
次回に期待するかw

 
釣行記 | permalink | comments(0) | - | - | -

この記事に対するコメント

コメントする