Diamond In The River Web Log

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< セミ初め | main | 西側フェス >>

タイミング

アッチコッチへ迷走の果て。

ヘトヘトで集中力散漫なタイミングでの釣友からの着電。
気持ちの切り替えから移動。
時合とオイラのバイオリズムのマッチング。
そこからの1投目。
手元に残したランニングラインがスーと引き込まれる感じの湖流に、オォッと感じた後のリトリーヴ。
泳いでいるフライが小刻みにバイブレーションしているかの様に感じる引き重り。
当然のようにグゥンと来たのは、レイクでした。

そして、2投目。
なにかが吹っ切れるかのような今日1番のキャスティングに集中力もグングン上昇。
さっきと同じ流れをトレースしてくると、ドスコイィ〜と来てからの重みのあるヘッドシェイク。
グワ〜と駆け上がりに沿うかのようにゆっくり移動してからの、鋭いダッシュ!
パーフェクトのリバースサウンドがたまんね〜っす!
アドレナリン、どばどばwww
寄って来てからもしつこいのなんの。
この時期の魚はいつまでもパワフル。
ネットを準備したオイラを欺くかのような猛ダッシュには、流石に肝を冷やしたぜw

ウヒョ〜、良いブラウンが釣れちゃったw
超〜嬉しいんですけど。
オイラの本命。
ホンマスに目もくれず…いや、それも釣りたくてやったけどダメだったんだったorz
至福の撮影タイムも、こんな感じで来ちゃったらまだまだ行けるんじゃないか?と思うとゆっくりしてられません。
それでも良い写真を残したいし、セッティングも適当にあれこれチャチャとやって撮影したけど満足のいく写真ってありませんなぁ〜。
もしかして、普通にオートの方が良いのではと思ったりもして。
写真も勉強したいところ。

慌てて続きを始めると、まだしっかり引き重りが効いてました。
そして、そこから数投に1回アタリが有りまして、ランディングできたのは6匹のレイク。
アタリやバラしを含めると8回はチェイスが!
段々、無風でスカスカになってきたので残り1時間を残して終了〜。
結果、2時間強でレイク7、ブラウン1の大漁でした。
全くダメな時もあれば、こんな事もあるんですなw

次はいつ行けるかなぁ・・・
すぐにでも山に上がりたい。
釣行記 | permalink | comments(2) | - | - | -

この記事に対するコメント

mittanさん、こんにちは

ええぇ〜ブラウンすねぇ〜!
これから本番ですね(笑)
gnn | 2014/06/08 10:31 AM
■gnnさん
・・・どもども、ありがとうございますw
これから長〜い本番です(笑)
mittan | 2014/06/10 7:53 PM
コメントする