Diamond In The River Web Log

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 山へ山へ | main | セミ初め >>

五里霧中

第4戦目は朝から霧の中。
風も無く、暫くこのままっぽいので、この状況の奥地は怖すぎます。
あまり奥地には行かずに振り始めることに。
すると、隣のルアーマンがいきなりレイクを釣った様子。
棚を聞くと、ベタ底をスプーンでコツコツとらしい…。

う〜ん、沖でライズもポツポツあるのでフライとしては悩むとこ。
ま、結局自分のいつものやり方で良さげな流れを探りつつキャスト&リトリーヴを繰り返していると、ズズンと来ましたw
首振りしている感じから結構良型っぽい。
テンションを保ちつつ、リールファイトに持ち込もうと思った瞬間バレちゃった。
う〜ん、ここで釣っておくのとおかないのでは後半戦のモチベーションが厳しいな。
それでも、チャンスはありそうなので頑張って引き倒しました。
そして、もう1度訪れた生命反応。
今度はきっちりランディングできました。

とりあえず、まぁまぁのレイクがキャッチできたので一安心。
このまま、ここで続けても良い気もしましたが、他の状況もしりたいし、丁度、霧も晴れてきたので移動です。

が、これがなんとも・・・厳しい状況でした。
ストーンフライのハッチ、風が吹けば湖面には出てきたばっかりな感じの体色のハルゼミ、カメムシが結構落ちていました。
でも、それでも期待するような事はおこらず、まともなライズを見たのは1度だけ、しかも小型のレイク。
なんか、レイクのライズってあまり見た事なかったんだけど、今年は良く見るような。
湖流も良い感じのテンションだったりするんだけど、な〜んも無し。
思い切ってドライフライにしようとロッドを変えてみますが、リールを忘れて来てるし…。

ダメだこりゃ。の気分になってきたので大きく移動です。
風が直接当たっている場所を探し、入って間もなく1匹レイクが釣れましたが、アッと言う間にベタ凪になっちゃった。
それでも、湖流が消えるまで頑張りましたが、オイラのタイムリミットとなり終了〜。

最後に移動してきたところのレイクはサビが残っているような体色でした。
これは場所の水温の関係か?エサなのか?

しかし、ベイトも見かけなければホンマス情報も少なすぎですな。
次回行ける頃には、ライズがあちこちで見られれば良いのになw


 
釣行記 | permalink | comments(2) | - | - | -

この記事に対するコメント

mittanさん、お疲れ様でした!

朝一のバラシ・・・ 今シーズは、特に効きますねぇー
でも、すぐにリカバリー!? さすがっす!

ほんと、今年はベイトを見ません!
が、サビが入っているレイクが釣れたと言う事は、魚が動き出しましたかね?
私も、次は気合入れて歩いてきます(笑)
gnn | 2014/05/29 9:14 AM
■gnnさん
>朝一のバラシ・・・ 今シーズは、特に効きますねぇー
・・・ホントですね!おもわず「アァッ!」なんて声がでちゃいました(笑)

>が、サビが入っているレイクが釣れたと言う事は、魚が動き出しましたかね?
・・・そろそろ動き出してもらわなくては困りますね。ワンチャンスを大切に行きたいとこですwww
mittan | 2014/05/30 12:59 AM
コメントする