Diamond In The River Web Log

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 釣りの合間の話 | main | 渓の涼、山の熱 >>

夏道場

 流石に下界は暑くなりましたね。

山岳渓流かお山に逃げ込みたい気分。
いつもだけど・・・。

そんな訳で、気づいたら某店主と波をキリキリ逃避行。

トンボもオニヤンマがメインになり、ちらほらとマス達にはスパイシーなカメ吉登場。

自宅で大発生してないで湖面で大発生してちょ。

一応、シングルロッドにはモホークをセットw

でも、今日は引っ張りがメイン。

タイプ靴離謄ップであちらこちらと藻狩り覚悟で探りを入れていきます。
水草を掛けてはドキッとしてアワセを入れ、1投1投フライからコケや水草を取っては投げ、ランニングライン絡まり〜の、ほどいてキャストし直し、また水草引掛け〜の・・・。

これを繰り返していると、オイラはなぜここに居るんだ?と疑問を感じる時があるのは当然。

しか〜し!

その辛い気持ちの先にはきっとまだ見ぬ何かがあるはず。
フラリと来たモンスターがオイラのフライを食うかもしれない。
それが今か!次か?と思えば、カウントもアッと言う間。
リトリーヴする左手から指先にも意識が集中していきます。
そんな夢見るアラフォー。心は少年時代に置き去りさ。

こんな風に、現実を感じ、妄想に浸るを繰り返して時間だけが過ぎていきます。

そして、独り言が出始めたころ、不意に訪れる「無」の瞬間。
それが、ズズンと来るタイミングw

それは13時30頃に来ました♪

バビューンとは走らないが、時々感じるヘッドシェイクの躍動と重さで、それが良型であることに間違いないはず。
水面に現れてからも結構しぶといやり取りにドキドキ。

最盛期とは違い、水深のあるところに潜んでいるせいなのか、色が抜けたようなブラウンでしたが、今年はヒレの欠損が目立ち、ちょっと残念な個体が多かったけれど、今回はAB面ヒレ割れなしの綺麗な個体でしたw
中には「どうしたらこんなヒレになるの?」と疑問を感じるような個体もいるしね。
ランディングとリリースにはもう少し気遣いが必要ですよねぇ。

そして、それから1時間後。
久しぶりのローリングからのブルブル感はホンマスか!?

時々、沖の方で跳ねるホンマスを見かけますが、たまにはキャスティングレンジ内にも来てくれるみたい。

しかし、ブラウン同様、体に緑の半透明の寄生虫が数匹。
水温が上がると、鬼怒川にもいるアイツが付いてました。
ホンマスに付いているのは初めて見たなぁ。

あぁ、やっぱここも夏なのね。
釣行記 | permalink | comments(2) | - | - | -

この記事に対するコメント

mittanさん、こんにちは

おおぉ〜 中禅寺ですか?
良いブラウンをゲットしましたね。
さすがっす!
以前、秋!?の中禅寺で、カメムシが大量に
浮いてた時がありましたが、残念ながらライズはありませんでした・・・
カメムシドライで釣れると面白白そうですがね!?
蝉に続いて、フィーバーしないかなぁ(笑)
S藤 | 2013/08/01 9:13 AM
■S籐さん
>おおぉ〜 中禅寺ですか?
・・・ですよ!夏の中禅寺スタートです(笑)

>カメムシドライで釣れると面白白そうですがね!?
蝉に続いて、フィーバーしないかなぁ(笑)
・・・ウロウロしている魚が見えなくなりましたからねぇ。表面水温がグッと下がるか、やっぱエサの大量発生がカギですかねぇ!?
mittan | 2013/08/02 10:26 PM
コメントする