Diamond In The River Web Log

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ふれあい | main | ポイント難民の旅 >>

オーパ!

 かなり厳しくなってきた中禅寺湖ですが、場合によっては激アツなタイミングも訪れるようで、特にブラウンやレインボーはモンカゲやセミを中心とした昆虫類がトリガーになっている様子。

まだ回数券も残っているということで予定していた釣行ですが、なんせ一気にヤル気MAXにしてくれたツルさんの釣果!

ハイシーズン中のハートに戻りましたw

しかし、時期も時期なので、そろそろ動物への注意もしておかなければなりません。
クマ鈴はいつも携行しているのですが、あれはあくまで気休め。

チャリチャリ鳴らしていても会う時は会っちゃうわけで。
そろそろホイッスルピーピーかな。

そんな事、思っておきながらしっかり笛忘れてきたし!
ちょっと時間をいつもより遅めにして出発です。
奥の駐車場はすでにオーバーフロー1台。
数人は奥までいってるだろうから、ちょっと安心かな。

今回はゴアテックスのウェーダーなので大分身軽になった感じ。
快適にグングン森を進んでいくと、一番緊張するところの手前で・・・

「ゴフッ」 とか 「ブフッ」 みたいな・・・獣の吐息なのか・・・威嚇音????

もう、背筋ゾゾゾゾ!
位置的に左肩後方山側5m以内な印象。

声も出ず、何もボクは聞きませんでした的な、あなたの存在には気づきませんでしたみたいな、なにもなかったようにそこを立ち去るのみな状況。

振り返る事も出来ず、無かったことにしようという気持ちでいっぱいいっぱい。

やっぱりさ、もうそろそろと思えばそう言う時期なんだよね。
最初っから彼らのテリトリーだもんな。
ホント、これから気つけねば。

まぁ、それはさて置き、現場到着。
2匹目のどじょうを狙うつもり・・・が、超ベタ凪。

湖流もあるかないか試すのも、躊躇するほどのカガミ状態。
とりあえず、準備だけしてセミやモンカゲの存在を探してみる。

若干、セミは落ちてるようですが目で追っていてもライズは見られず。
見かけたウグイ達をネタ用に撮影とかしてみる。

いつもこれを見た日は、魚群リーチ(高確率)じゃん、今日は!みたいに思うようにしているw

しかし、待っても待ってもそよ風も吹いてこないので、シケーダフライでも浮かべてみる。
と・・・黄色い魚体がスーと寄ってきてUターン。

おぉ!大きくはなかったけど、居るねw

フライをとっかえひっかえしましたが、ノーチョイス。

ドライにも飽きてしまって、思い切ってシンキングラインで引っ張ってみる。

が、なんかなぁ・・・な感じ。

風も吹かないので、いつもはしないコーヒータイム。
ひっそりとしていると、ルアーマンが隣に来たので場所を譲り、思い切って移動。

前回の教訓も生かさないとね。

すると、地元では見ないオオクワガタか?コクワガタか?
久しぶりにクワガタ見たな。小さなラッキーw

9時をまわると、風が出てきたので引っ張ってみるけど反応無し。
風が弱まると落ちていたセミが目立ち始め、遠くの方で派手にライズ!
その近くに居たルアーマンが狙っているようす。

オイラもシングル#6に持ち替え、セミ打ちしてみます。

しばらくすると、やはり黄色い魚体がフライを見に来てUターン。
う〜ん、やっぱスレているのかも。

モンカゲも各色セミパターンも試してみますが、食わないですねぇ〜。
気合入れて巻いたディアヘアのセミパターンがダメとなると気持ちも萎えてきますな。

フライボックスを見直すと、以前にサーフェイスで買っておいたセミパターンを発見。
ボディはいつも使っているフライの2倍くらい。

オイラの春蝉のパターンからはイメージが掛け離れるので、使用したことは1度だけ。
でも、その時は虹鱒が反応したけどフッキングには至らなかった事を思い出しました。

水面への絡み方からすれば、ディアヘアとは違う浮き方をしそうなので、ダメ元で試してみることに。

ディアヘアが半めり込みで浮かぶのに対して、こちらはポッカリといった感じ。

視線を外し、視界ギリギリに暫く浮かべておくと・・・ガポン・・・?

ちょっとタイミングが遅れた合わせが良かったのか、ビシッとフッキング!
ゴクンゴクンと顔を振る躍動が伝わり、ズォ〜と底に向かって潜っていきます!

徐々に徐々に首を振りつつ潜っていく感じは今までに無い重量感w

いつの間にかフルラインは水中に突き刺さったままゆっくりと移動しています。
これ以上バッキングラインまで持っていかれると倒木などのストラクチャーにまかれそうなので、限界までこらえて、ジワジワと魚体を浮かせては潜られを繰り返しました。

シングルハンドなので、左手首きっついぞ。

良いサイズなのは判るけど、いつもはツーハンドだし、シングルでのこの感じはちょっとよくわからない。

フライがシケーダパターンなので、頭をゴクンゴクンと振られる度にドッキドキ。

暫くやり取りして、浮いた魚体を見てビックリ。

80オーバーでも捕れるようにカインさんに作ってもらったランディングネットなので、ズバッと1回でランディング成功しましたが、ネットから引き出すと、オォォ・・・デカっ♪

でも、ご老体ですか?

腹ヒレに割れ有り、胸鰭も回復の跡か?

誰かに釣られた経験のあるであろうニコパチの火傷の跡らしきも?

ツルさんの完璧な大物とは比べものになりませんが、オイラにとっては紛れもない中禅寺湖レコード。

残念なところもあるが、嬉しく無い訳ないのだw

移動してきて正解だったな。

至福の昼食をとり、また風が出てきたのでリトリーヴの釣りをしてみますが、あまり良くない感じ。
小雨も降ってきたので、戻りつつポイントを探していきます。

釣り友も近くに来ているので、お邪魔して暫し釣り談議。
祝福の言葉も頂いちゃいましてアリガトゥです♪

ライズを見かけるようになり、釣り再開。

一通りセミ打ちしてみますが無反応なので、リトリーヴの釣りにしてみます。

すると、キャストしたと同時にラインの近くでライズ!
カウントせずにササーと引いて来ると、オイラのフライをチョイスしてくれました。

今度は無傷のブラウンでした♪ウシシ。

そのあと、ちょっと場所を移しますが、さっきのブラウンを釣ったところで激しくライズ!

ジリジリ戻ってキャストすると、リトリーヴする前にフライを食ったらしく、あらぬ方向でジャンプ!
そのまま、ライン回収にモタモタしてたらストラクチャーに潜られ、動かなくなっちゃった。
仕方なくティペットを切ってタイムアップ。
シルバーのボディに見えたので、ニジマスだったと思います。

タイムアップまでやったのは久しぶり。
でも、仲間が居たので山道は心強かったです。
流石に1人ではこの時間まで山側に居られませんな。

回数券も終了したので、これからどうするかなw
釣行記 | permalink | comments(8) | - | - | -

この記事に対するコメント

mittanさん、こんばんは

えぇ〜!  デカイ!

クマは怖いが、ビビッていられませんなぁ〜(笑)
今はビックトラウトのチャンス!?
もうちょっとガンバちゃいます!
って明日に。
有休取っちゃいました(笑)
S藤 | 2013/06/19 8:17 PM
どーも。  やはり今年もいるんですね。

馬乗りで凹凹は御勘弁ですな。(~o~)

僕はNHKフランス語講座ボリュームMAXで行きます。

それにしても持ってる男、何時も凄いよ。
つる | 2013/06/19 10:40 PM
■S籐さん
>クマは怖いが、ビビッていられませんなぁ〜(笑)
・・・ガハハ。じゃないと歩いて行けませんもんねw

>って明日に。
有休取っちゃいました(笑)
・・・ブログ楽しみにしてますよ!
mittan | 2013/06/19 11:16 PM
■ツルさん
>馬乗りで凹凹は御勘弁ですな。(~o~)
・・・バッタリ出くわさないか、子連れじゃなければねぇ。しかし、ヒグマじゃないけどやられている人もいますもんね。マジで勘弁ですね。

>それにしても持ってる男、何時も凄いよ。
・・・ガハハ。そんな何ももってないですよ!あるとすれば釣りたい気持ちだけ(爆)
mittan | 2013/06/19 11:24 PM
おめでとうございます〜〜〜
いやぁぁ〜Dryでがっぼん!いいすね^^
moto | 2013/06/20 8:50 AM
■motoさん
ありがとございます!
>いやぁぁ〜Dryでがっぼん!いいすね^^
・・・ドライフライってやっぱ出た瞬間興奮しますね〜w
mittan | 2013/06/20 12:54 PM
ちょっと出遅れてしまったm(_ _)m
おめでとー(^^)v

いやいやデッカイね、ネットはオーバースペックかと思ってたけど、全然そんなことなかったんだねぇ、流石だ

カイン | 2013/06/24 12:49 PM
■カインさん
どもどもw
>ネットはオーバースペックかと思ってたけど、
・・・丈夫だし、ネットが深いので安心してランディングフィニッシュできますね♪

そろそろ渓流が恋しい季節ですね!
mittan | 2013/06/25 7:35 AM
コメントする